株式投資に関する質問

■株式投資の基礎


Q.「どんな投資家がいるのですか?」

答え 株式市場にはさまざまな投資家が参加しています。主に機関投資家と個人投資家に大別されますが、国内の投資家だけではなく、外国の投資家も売買しています。 

 機関投資家というのは、豊富な資金を株式や債券などで運用している会社のことです。証券会社、銀行、生保・損保会社、年金や投資信託などがその代表です。投資家から資金を集めて運用する投資ファンドも注目されるようになりました。 

 最近では個人投資家の数も急増して、その存在感を強めています。また個人投資家も、これまでは「お金持ち」というイメージがありましたが、今では普通のサラリーマン、OL、主婦、学生などが増えています。