2011年02月17日
【特集】facebookブーム到来で気になる「SNS関連銘柄」
フェイスブックが注目される中、SNS関連業界にも勢い!

■SNS関連業界はM&Aや合従連衡の可能性も?

 利用者数が世界中で急速に拡大しているフェイスブック(Facebook)の躍進は株式市場でも話題になっている。広告・マーケティング媒体としては世界首位級の価値を持つフェイスブックは、国内SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス「交流サイト」)関連業界では脅威ともチャンスとも捉えることができる。今後、SNS関連企業は、自らのプラットフォームにゲームや物販などを含めた多彩なサービス機能を追加していくという、総合プラットフォームを目指す形での事業展開が予想される。有力なゲームソフトや映像などを手掛けるエンターテインメント系企業の争奪戦や、有力サイト同士の合従連衡の可能性も高まるだろう。

■日本のSNS関連業界

 日本のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス「交流サイト」)関連企業としては、SNSサイト型で会員数が約2200万人のミクシィ<2121>(東マ)、携帯電話向けのソーシャルゲーム型で会員数2400万人強のディー・エヌ・エー<2432>(東1)、同2400万人弱のグリー<3632>(東1)が最大手級とされている。その他の関連企業としては、ブログ型で米ツイッター、サイバーエージェント<4751>(東マ)、口コミ・掲示板サイト型でカカクコム<2371>(東1)クックパッド<2193>(東マ)、動画型で米ユーチューブ、米ユーストリーム、ドワンゴ<3715>(東1)などがあり、ポータルサイト型のヤフー<4689>(東1)楽天<4755>(JQS)なども関連企業だろう。なおデジタルガレージ<4819>(JQS)は米ツイッター(Twitter)に出資し、その日本語版を運営している。