アイアールソリューション

■ 新着IR Solution のご紹介NWE03


PALTEKのIR企業情報PALTEK<7587>(東2)

 PALTEKはFPGAを主力とする半導体輸入商社で、受託設計・開発のデザインサービス事業や新規分野のスマートエネルギー事業も強化している。




ベステラのIR企業情報ベステラ<1433>(東マ)

 ベステラはプラント解体に特化したオンリーワン企業である。次世代プラント解体工法「3D解体」実現に向けたロボット開発を推進し、パーフェクト3Dの地域・観光用途への応用も実証している。



アンジェス MGのIR企業情報アンジェス MG<4563>(東マ)

 アンジェス MGは、生命が長い時間をかけ獲得した遺伝子の力を借りて難病の画期的な治療薬開発に取り組んでいる。2019年12月期に待望の黒字転換、10年後には売上500億円を目標としている。

 物語コーポレーションのIR企業情報  物語コーポレーション<3097>(東1)

  物語コーポレーションは中部圏と関東圏を中心に飲食チェーンを直営とFCで全国展開。業態別には「焼肉きんぐ」などの焼肉部門、「丸源ラーメン」などのラーメン部門、「お好み焼き本舗」のお好み焼部門、寿司・しゃぶしゃぶ「ゆず庵」などの専門店部門を展開。
 マーケットエンタープライズのIR企業情報  マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)

  マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は、06年7月設立(事業開始は04年11月)で、15年6月東証マザーズに新規上場した。インターネットに特化してリユース(再利用)品を買取・販売するネット型リユース事業を展開している。
 MRTのIR企業情報  平山<7781>(JQS)   平山は、1955年創業、1967年設立で、15年7月JASDAQに新規上場した。国内製造業向けのアウトソーシング事業(製造請負)を主力として、技術者派遣事業(連結子会社トップエンジニアリング)、その他事業(現場改善コンサルティングサービス、教育サービス、有料職業紹介など)も展開している。
 ジオネクストのIR企業情報  ジオネクスト<3777>(JQS)   ジオネクスト<3777>(JQS)は14年4月にターボリナックスHDから現社名ジオネクストに商号変更した持株会社である。収益柱を再生可能エネルギー事業にシフトしている。
 MRTのIR企業情報  MRT<6034>(東マ)

  MRTは医師のための転職・アルバイト紹介システム。転職やアルバイト探しをサポートいたします。スポットから定期非常勤まで独自の医局ネットワークから先生のための最適なアルバイト先をお選びいただけます。24時間365日対応。
 鉄人化計画のIR企業情報  鉄人化計画<2404>(東マ)   鉄人化計画は、東京と神奈川を中心に61店を展開する『カラオケの鉄人』を運営。独自に開発した集中管理システム「鉄人システム」により、付加価値をプラスして「ここでしか楽しめない」という体験価値を創出していく。
 セーラー万年筆のIR企業情報  セーラー万年筆<7992>(東1)   セーラー万年筆は創立から100年の技術を継承した、国産高級万年筆・蒔絵万年筆・ボールペン・シャープペン・多機能ペン・ふでペン・マーカー・替えインクなどの文具全般をはじめ、電子文具、ロボット機器なども手掛けるメーカー。
 キーコーヒーのIR企業情報  キーコーヒー<2594>(東1)   コーヒー業界のリーディングカンパニーのキーコーヒーは、海外におけるコーヒー農場事業から、コーヒーの製造、販売ならびにコーヒー関連事業経営に至るまでのコーヒーに関する総合企業。
 >>掲載企業一覧

アイアールインタビュー

■ 新着IRインタビューのご紹介NWE03

協立情報通信<3670>(JQS)
協立情報通信<3670>(JQS)
 協立情報通信の長谷川浩社長は今年5月に就任。5G(第5世代移動通信システムが実用化すればICTソリューションの可能性がますます広がると豊富や意気込みを語った。

ピクスタ<3416>(東マ)
ピクスタ<3416>(東マ)
 ピクスタは、インターネット上で写真・イラスト・動画等のデジタル素材の販売までを行う、オンラインマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」を主たる事業として展開している。
 アイビーシー<3920>(東1)
アイビーシー<3920>(東1部)
  アイビーシーは、2016年10月16日に、創立15周年を迎え、11月28日には東証マザーズ上場から1年2ヶ月の速さで東証1部に市場変更した。同社の強みや今後の成長戦略を加藤裕之社長に聞いた。
 翻訳センター<2483>(JQS)
翻訳センター<2483>(JQS)
  「ニーズを求め意識的にアプローチし、サービスを具現化してきた歴史と体質が当社にはある。」と、静かに語る東社長の言葉に、実績が裏付ける経営者の確信と同社の成長力の源泉をみた。
 イワキ<8095>(東1・1000株)
イワキ<8095>(東1・1000株)
  イワキは医薬品・医薬品原料・表面処理薬品などを主力とする専門商社。岩城慶太郎副社長に展望を聞く。
 ヨシムラ・フード・ホールディングス<2884>(東マ)
ヨシムラ・フード・ホールディングス<2884>(東マ・100株)
  ヨシムラ・フード・ホールディングスは特色ある商品を持つが、後継者問題等に悩みを持つ食品関連中小企業を支援・活性化する独特のビジネスを展開。創業者である吉村元久社長に事業内容を中心に聞いた。
 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東マ)
メディカル・データ・ビジョン<3902>(東マ)
  メディカル・データ・ビジョンは、現在の月間単位中心のデータからリアルタイムデータ収集に積極的な投資を行っていることで業績はいっそうの飛躍が期待される。近況と展望を岩崎博之社長に聞いた。
 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)
ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>
  ヨコレイに入社して12年、冷蔵倉庫事業、食品販売事業をじっくり見詰めてきたという。現在、第5次中期経営計画を推進中で利益進捗率は目標の70%と高い。西山敏彦新社長に展望を聞いた。
 平山<7781>(JQS)
平山<7781>(JQS)
  平山は、人材育成に特徴と強みを持ち、日本の物づくりを支え、製造請負優良適正事業社認定制度を第1号で受けている。今年7月の株式上場から半年が経過したところで平山善一社長に近況と展望を聞いた。
>>掲載企業一覧

アイアール特集

■ IR特集NWE03

企業IR
個人投資家が知っておきたい企業IRの現状と問題点

〜日本インタビュ新聞社からの提言〜
 日本インタビュ新聞社では、企業のIR活動支援事業「報道型IR」を展開しています。企業情報をタイムリーかつ公平に株式市場に参加するすべての人達にわかりやすく報道することを使命としています。IRにおきましては、制度的な問題点や企業のIRに対する姿勢など様々な抜本的な改善が必要とされています。こうしたことから、IRの歴史と問題を解説しながら、新たな企業IRのあり方を提言させていただきます。また、投資家の皆様には、IRを継続的かつ積極的に展開している企業への投資が、いかに有益であるかを理解していただければ幸いです。(特集の続きを読む)

 新たなIR活動は企業価値の向上へ 〜IR&PR&リクルート〜
 上場企業の皆様へ「Media-IR」のご案内
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR