【株式市場】日経平均は282円高となり4月15日以来の3万9000円台を回復

◆日経平均は3万9069円68銭(282円30銭高)、TOPIXは2768.04ポイント(22.42ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は18億371万株

 5月20日(月)後場の東京株式市場は、前場上げた半導体関連株や大手商社株、自動車株などが一進一退に転じ、ソニーG<6758>(東証プライム)や任天堂<7974>(東証プライム)は小安くなった一方、みずほFG<8411>(東証プライム)や第一生命HD<8750>(東証プライム)などは一段と強含み、高島屋<8233>(東証プライム)なども一段強含んだ。日経平均は、サウジ皇太子の来日延期とイラン大統領のヘリ墜落が伝えられたためか、前引けに比べて120円ほど値を消して始まり、ダレ模様の中14時半頃からは幾分持ち直した。大引けは4月15日以来の3万9000円台回復となった。

 後場は、米Nヴィディアの決算発表への期待などから個別に活況高の銘柄が目立ち、ソシオネクスト<6526>(東証プライム)が本日の高値圏で推移し、データセクション<3905>(東証グロース)やLaboro.AI<5586>(東証グロース)は一段と上げてストップ高、ブロードバンドタワー<3776>(東証スタンダード)も次第高。名糖運輸などの持株会社C&FロジHD<9099>(東証プライム)は佐川急便もTOB(株式公開買付)に参戦との報道を受けて大引けまでストップ高を継続。東北新社<2329>(東証スタンダード)は5年間で500億円のキャッシュを「構造改革」や「株主還元」に充当との発表を受けて朝から大引けまで買い気配のままストップ高。ヤマト・インダストリー<7886>(東証スタンダード)は後場再び上げてストップ高に達し、今期の大幅増益予想とEVトラック開発量産化の推進、社名を10月からヤマトモビリティに変更することなどに期待強い様子。

 東証プライム市場の出来高概算は18億371万株(前引けは8億9382万株)、売買代金は4兆1510億円(同2兆502億円)。プライム上場1649銘柄のうち、値上がり銘柄数は1142(前引けは1296)銘柄、値下がり銘柄数は463(同317)銘柄。

 東証33業種別指数は情報通信、その他製品を除く31業種が値上がり(前引けは海運、その他製品を除く31業種が値上がり)し、値上がり率上位は、石油石炭、鉱業、非鉄金属、鉄鋼、電力ガス、倉庫運輸、不動産、化学、卸売り、銀行、建設、サービス、繊維製品、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■4月雇用は予想を下回り、長期金利低下しNY株価は上昇  米国労働省が発表した4月雇用統計だが、景…
  2. ■3社一体で目指すエンターテインメントの新たなステージ  福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡ド…
  3. ■暖冬、寒波、曇天が招いた『収穫量激減』、物流コスト上昇が追い打ち!  農業総合研究所<3541>…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  2. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…
  3. ■大手重工から宇宙ベンチャーまで関連株に注目  宇宙産業は、政府の強力な政策支援を受け、2030年…
  4. ■2030年代に8兆円市場へ、政策支援も追い風に  今週の当コラムは、不真面目とお叱りを受けるのを…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る