【株式市場】日経平均は一時207円安まで沈むが大引けは高く6日ぶりに反発

株式

◆日経平均は1万9327円06銭(171円32銭高)、TOPIXは1431.47ポイント(15.92ポイント高)、出来高概算(東証1部)は13億8826万株

チャート11 12月26日後場の東京株式市場は、前場の日経平均の上値の重さが気になったようで、先物が取引開始後まもなく軟調になり、日経平均は次第に軟化し始めた。ソフトバンクグループ<9984>(東1)は一段とジリ安。NY株式はXマス休場だったが、米シカゴで取引されるダウ工業株30種の先物が安いと伝わり、日経平均は先物につられるように一時207円16銭(1万8948円58銭)まで下押す場面があった。17年4月以来の1万9000円割れ。しかし、その後は急速に持ち直し、大引けにかけては170円高となり6日ぶりに反発した。東証2部指数は8日ぶりに反発し、マザーズ指数は4日ぶりに反発、日経JASDAQ平均は8日ぶりに反発。

 後場は、キーエンス<6861>(東1)が高下しながらも水準をセリ上げ、画像センサー専用データベースに関する25日のニュース発表などが注目され、東京會舘<9701>(東2)は出来高が少ないものの「平成」最後の宴会の盛り上がりが予想され急伸。ビリングシステム<3623>(東マ)はスマートフォン決済システムが注目し直されて大きく反発。エムティジェネックス<9820>(JQS)は森ビルグループの上場会社として思惑視され再び出直り基調。

 東証1部の出来高概算は13億8826万株(前引けは6億2378万株)、売買代金は後場増加して2兆8831億円(同9687億円)。1部上場2129銘柄のうち、値上がり銘柄数は1831(同1870)銘柄、値下がり銘柄数は254(同230)銘柄。

 また、東証33業種別指数は30業種(前引けは29業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、精密機器、空運、ガラス・土石、石油石炭、サービス、繊維製品、建設、医薬品、水産・農林、などとなった。(HC)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  2. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…
  3. ■高額品・ブランド品株、不動産株、証券株が狙い目!  今週の当コラムは、円安・ドル高メリット株に注…
  4. ■まさか「円安不況」?!「安いニッポン」買い関連株は順張り・逆張りともダブル選択肢  「短期は需給…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る