ODKソリューションズがストップ高、大学生のキャリア支援に向けた実証実験を開始

■電通グループ、TOPPANHD、ソニー等と共同で

 ODKソリューションズ<3839>(東証プライム)は12月5日、100円高(17.30%高)の678円まで上げてストップ高している。同社は本日、Web3.0サービス『アプデミー』の新機能として、大学生向けのキャリアアドバイスサービスの開発に向けた実証実験を、電通グループ<4324>(東証プライム)、TOPPANホールディングス<7911>(東証プライム)、ソニーグループ<6758>(東証プライム)のソニー等と共同で、近畿大学にて開始した。同実証実験では、日常の体験実績をNFTでデジタル化し、生成AIを搭載したアバターから個別最適化されたキャリアアドバイスを受けることができる。

■NFTと生成AIを用いたアバターからのアドバイスサービス

 『アプデミー』は、生涯にわたる学習歴の証明や、自分自身でも気づかない価値や個性の可視化を目指すサービスである。高校生や大学生を中心に、既存の履歴書で重視されている「学歴・資格」等に加えて、多様な体験が個人の価値として、大学入試や留学、就職活動等に活用できる世界観の実現を目指している。

 同実証実験では、Web3.0ウォレットに新たなUIとしてアバターを採用する。ユーザ自身の外見をそのままアバターとすることに加え、自分とは異なる姿のアバターも選択可能とすることで、学生の会話内容のほか、提示されたインセンティブに対する反応の差異についても検証する。今後、同実証実験の成果を踏まえ、体験実績NFTのデータ解析による個別最適化及び生成AIの活用による対話型のキャリアアドバイスの可能性を検証していく。

 同実証実験は、2023年12月11日から2024年3月31日までの期間、近畿大学にてデータ取得し、放送大学にて検証実施する。各社の役割は、当社がNFT保有状況を元にデータ解析するサービスと自然言語での応答サービスを提供し、電通グループがNFTの保有状況についてウォレット単位でポートフォリオを分析し、保有者のアイデンティティ情報を同定するトークン解析に関する知見を提供し、TOPPANホールディングスがライトステージや「メタクローン」を用いたアバター作成や対話表現に関わる技術を提供し、ソニーがICカード型ハードウェアウォレットを提供する。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■グローバルモデルに匹敵する日本語対応の高性能生成AIを4月から順次提供  ELYZAとKDDI<…
  2. ■優勝への軌跡と名将の言葉  学研ホールディングス<9470>(東証プライム)は3月14日、阪神タ…
  3. ■新たな映画プロジェクトを発表  任天堂は3月10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■金先物と原油価格、史上最高値に迫る―地政学リスクが市場に与える影響  今週のコラムは、異例中の異…
  2. ■「虎」と「狼」の挟撃を振り切り地政学リスク関連株で「ピンチはチャンス」に再度トライ  東京市場は…
  3. ■海運株と防衛関連株、原油価格の動向に注目集まる  地政学リスクによる市場の不安定さが増す中、安全…
  4. ■中東緊張と市場動向:投資家の選択は?  「遠い戦争は買い」とするのが、投資セオリーとされてきた。…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る