【業績でみる株価】加賀電子の今3月期はモバイル端末減速で減益だが、株価にはほぼ織込む、指標そろって超割安

■資産株として中長期で絶好の買い場

 加賀電子<8154>(東1・100株)の2017年3月期はモバイル端末に陰りのみられることや遊戯機器向けの低調から減収、減益の見通し。とくに、営業利益は2期連続の20%台の増益から今期26.8%減益見通し。株価は去る17日に1149円と年初来安値を更新、下値調べの展開だが、PBRなど指標はいずれもかなりの割安で今期の減益はかなり織込んできたものとみられる。資産株として注目できる水準だろう。

 2016年3月期の売上は2453億8700万円で、このうち、(1)半導体、一般電子部品、EMS(受託製造)などの開発・製造・販売など「電子部品事業」が1894億8600万円、(2)パソコン、PC周辺機器、各種家電、写真・映像関連商品及びオリジナルブランド商品の販売の「情報機器事業」が408億8000万円、(3)CG映像制作、アミューズメント関連商品の企画・開発などの「ソフトウエア事業」が28億9700万円、(4)エレクトロニクス機器の修理・サポート、アミューズメント機器の製造・販売、スポーツ用品の販売などの「その他事業」が121億2300万円という内容。主力は、電子部品事業で構成比率は約77%。

 16年3月期は、主力の「電子部品事業」が3.9%減少した。通信機器向け電子部品・半導体及び海外でのEMSビジネスは堅調だったが、国内における遊戯機器向け電子部品・半導体の販売が低迷した。2017年3月期は車載関連、メディルカル・ヘルスケアの堅調が予想されるものの、モバイル端末において減速の動きがうられる。

 このため、17年3月期の売上は6.3%減の2300億円、営業利益26.8%減の57億円の見通し。前期の最高営業益77億8800万円に対し一服という状況だ。

 20日の終値1158円は予想EPS166.3円に対しPERは6.9倍、年40円配当に対し利回り3.45%と投資魅力があり、さらに、1株純資産に2185円に対するPBRは0.52倍に過ぎない。低PBRから空売りは皆無で信用買いが取り残されているという状況。今期の減益は株価にかなり織込まれたとみられ、もうしばらく信用買いの整理が続きそうな状況といえる。中長期的には資産株として好買い場といえるし短期的なリバウンドのタイミングが近そうである。

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■グローバルモデルに匹敵する日本語対応の高性能生成AIを4月から順次提供  ELYZAとKDDI<…
  2. ■優勝への軌跡と名将の言葉  学研ホールディングス<9470>(東証プライム)は3月14日、阪神タ…
  3. ■新たな映画プロジェクトを発表  任天堂は3月10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■海運株と防衛関連株、原油価格の動向に注目集まる  地政学リスクによる市場の不安定さが増す中、安全…
  2. ■中東緊張と市場動向:投資家の選択は?  「遠い戦争は買い」とするのが、投資セオリーとされてきた。…
  3. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  4. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る