【株式市場】日経平均は34円安、後場は下げ幅を縮め配当の権利取りも活発な様子

◆日経平均は2万7385円25銭(34円36銭安)、TOPIXは1955.32ポイント(2.00ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は10億1922万株

 3月24日(金)後場の東京株式市場は、高島屋<8233>(東証プライム)などの百貨店株に一段高く始まる銘柄がみられ、信越化<4063>(東証プライム)など半導体関連株にも一段と強い銘柄が散見された。前場は安かった鉄鋼株や自動車株、大手商社株などには下げ幅を縮める銘柄が見られ、終盤は電力株も高い。来週の配当権利取りに向けて高配当の商船三井<9104>(東証プライム)などもしっかり。日経平均は前引けを10円ほど上回る2円安で始まり、中盤にやや下げ幅を広げたが大引けは回復し小幅続落にとどまった。

 後場は、リズム<7769>(東証プライム)が一段と水準を上げて続伸幅を広げ、引き続き上場基準維持計画や組織変更など好感。CEホールディングス<4320>(東証プライム)は医療現場のDX化に関する政府原案の報道など受け一段高。上場3日めのSHINKO<7120>(東証スタンダード)も医療現場のDX化に加え割安感が言われ一段と上げストップ高。TDSE<7046>(東証グロース)は5月開催のAI・人工知能EXPOに出展予定で『ChatGPT』関連とされ3日連続大幅高。ペットゴー<7140>(東証グロース)は業績拡大期待などで2日ぶりに上場来の高値を更新。上場2日目のハルメクHD<7119>(東証グロース)、アイビス<9343>(東証グロース)はストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は10億1922万株(前引けは5億548万株)、売買代金は2兆5250億円(同1兆2880億円)。プライム上場1836銘柄のうち、値上がり銘柄数は850(前引けは714)銘柄、値下がり銘柄数は881(同1024)銘柄。

 東証33業種別指数は14業種(前引けは11業種)が値上がりし、値上がり率上位は、海運、電力ガス、医薬品、石油石炭、パルプ紙、空運、水産農林、化学、食料品、繊維製品、電機機器、サービス、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■グローバルモデルに匹敵する日本語対応の高性能生成AIを4月から順次提供  ELYZAとKDDI<…
  2. ■優勝への軌跡と名将の言葉  学研ホールディングス<9470>(東証プライム)は3月14日、阪神タ…
  3. ■新たな映画プロジェクトを発表  任天堂は3月10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■海運株と防衛関連株、原油価格の動向に注目集まる  地政学リスクによる市場の不安定さが増す中、安全…
  2. ■中東緊張と市場動向:投資家の選択は?  「遠い戦争は買い」とするのが、投資セオリーとされてきた。…
  3. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  4. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る