【株式市場】前場の日経平均は552円安、国内金利の上昇観測と円高を受け売り先行

東京証券取引所

◆日経平均は3万2305円33銭(552円98銭安)、TOPIXは2327.09ポイント(32.82ポイント安)、出来高概算(東証プライム)はSQ算出に伴う売買が加わり10億9790万株

 12月8日(金)前場の東京株式市場は、日銀総裁の動向を受けて金利上昇観測が再燃し、円相場は米国で一時4円超も円高の1ドル141円台に急伸し、日本でも2円以上の円高で始まったため、自動車、電気精密、機械、大手商社、海運株などが軒並み値を消して始まり、値を消したまま売買交錯となった。半面、金利高が追い風になる三井住友FG<8316>(東証プライム)などの銀行株や円高が追い風になるニトリHD<9843>(東証プライム)などはしっかり。低PBR株の物色も再燃し日本紙<3863>(東証プライム)など堅調。日経平均は257円安で始まり、SQ算出にともなう朝の売買が売り超過とされたこともあり次第安を続け、前引け間際に571円26銭安(3万2287円05銭)まで下押した。

 ニチレイ<2871>(東証プライム)が大きく出直り7日に機関投資家向け会合を開催のもようとされ、ローム<6963>(東証プライム)は東芝と連携するパワー半導体開発を政府が支援と伝えられ出直り拡大。ベネフィット・ワン<2412>(東証プライム)は第一生命HD<8750>(東証プライム)によるTOBで急伸。マーキュリーリアルテックイノベーター<5025>(東証グロース)はマンション用地高騰が事業に追い風とされ出直り拡大。WASHハウス<6537>(東証グロース)は前日の大波乱で調整完了とされ急反発となり一時ストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算はSQ算出に伴う売買があり10億9790万株、売買代金は2兆7240億円。プライム上場1660銘柄のうち、値上がり銘柄数は268銘柄、値下がり銘柄数は1364銘柄。

 東証33業種別指数は4業種の値上がりにとどまり、空運、銀行、パルプ紙、陸運、が高い。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1.  森永製菓<2201>(東証プライム)は2月5日、ソフトキャンディ「ハイチュウ」のブランドロゴを英語…
  2. ■1998年デビュー以来、初のブランド刷新  グンゼ<3002>(東証プライム)は2月5日、199…
  3. ■運転中の不安を解消する「イルヨ」  日産自動車<7201>(東証プライム)と赤ちゃん本舗は31日…
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ピックアップ記事

  1. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
  2. ■34年ぶりの最高値更新から目が離せない敗者復活戦  3連休前の22日は、もちろん「金曜日の引けピ…
  3. ■株式分割ラッシュで狙うべき6銘柄!業績上方修正や増配も見逃せない  今週の当コラムは、そうした投…
  4. ■日経平均、史上最高値に迫るも半導体株の失速で足踏み  「あれもこれも」か「あれかこれか」なのか何…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る