【株式市場】日経平均は712円安、後場一時864円安となり医薬品以外の全業種が下げる

◆日経平均は3万8102円44銭(712円12銭安)、TOPIXは2700.01ポイント(46.60ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は15億7082万株

 6月17日(月)後場の東京株式市場は、自動車株が下げ止まり前場の安値を割らずに推移したが、百貨店、JR各社、大手商社、海運株などに一段安の銘柄が目立った。先々の金利動向に不透明感がある様子。一方、味の素<2802>(東証プライム)や日清食品HD<2897>(東証プライム)などは一段強い値動きとなった。エーザイ<4523>(東証プライム)も高い。日農薬<4997>(東証プライム)も業績上振れ期待などで一段高。日経平均は前引け水準で始まったがジリジリ下押し、13時30分過ぎに前場の安値を6円ほど下回り864円36銭安(3万7950円20銭)まで下げたが、前引けにかけては150円近く持ち直した。

 後場は、セルソース<4880>(東証グロース)が年初来の安値圏から一段と上げて3日続伸となり第2四半期決算など材料視。TOKYO BASE<3415>(東証プライム)も一段と上げ第1四半期決算など材料視。笑美面<9237>(東証グロース)も一段と上げてストップ高となり第2四半期の大幅上振れ決算やブロードエンターとの連携など好感。明豊エンタープライズ<8927>(東証スタンダード)は第3四半期決算など好感されて急伸。モルフォ<3653>(東証グロース)は寄り後に一段と上げて一進一退となり四半期決算が好感されたほか小池東京都知事が開始した自身のAI合成映像「AIゆりこ」によって事業に追い風の見方も。

 東証プライム市場の出来高概算は15億7082万株(前引けは7億7651万株)、売買代金は3兆6272億円(同1兆7784億円)。プライム上場1646銘柄のうち、値上がり銘柄数は336(前引けは246)銘柄、値下がり銘柄数は1264(同1367)銘柄。

 東証33業種別指数は医薬品1業種のみ値上がり(前引けは全33業種が値下がり)し、値下がり率の小さい業種は、食料品、水産農林、サービス、情報通信、繊維製品、小売り、倉庫運輸、鉄鋼、電力ガス、銀行、などだった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■60億円の設備投資と記念商品で90年の歴史を祝う  ニッカウヰスキーの創業90周年を機に、アサヒ…
  2. ■12フィートコンテナ80個積載、迅速な物資輸送を実現  センコーグループホールディングス(センコ…
  3. ■主要アパレルブランドのさらなる成長と周辺事業への拡張を目指す  三井物産は6月3日、アパレルブラ…
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ピックアップ記事

  1. ■割安な6銘柄が33%上昇!今後も高騰期待株続々浮上  東証の集計によれば、2005年以降、今年7…
  2. ■サマーラリー目前!投資家は今こそ2年スパンで考えるべき  「株価は半年先を予測する」といわれる。…
  3. ■全市場・全銘柄ベースでも低PER・高配当株が多数  今週の当コラムは、「全員勝ち組化」を先取りし…
  4. ■究極のバリュー株に注目!PBR1倍割れ、PER市場平均下回り、配当利回り3%超の銘柄が多数存在 …

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る