うかいは17年3月期大幅増益・増配予想、12月既存店売上102.7%と堅調

 うかい<7621>(JQ)は、飲食事業(高級和食・洋食料理店)を主力として、文化事業(箱根ガラスの森美術館)も展開している。箱根大涌谷周辺の火山活動影響が一巡して17年3月期は大幅増益予想・増配予想である。また16年12月の既存店売上は102.7%と堅調だった。株価は調整一巡して戻りを試す展開が期待される。

■高級和食・洋食料理店が主力

 飲食事業(高級和食・洋食料理店)を主力として、文化事業(箱根ガラスの森美術館)も展開している。16年3月期売上高構成比は飲食事業92%(和食47%、洋食43%、物販2%)、文化事業8%だった。

 新たな成長ステージに向けた事業戦略として、商圏1万キロに向けたブランド構築、新業態の定着と新規出店、サービス向上のための人材育成、製菓工房「アトリエうかい」の本格稼働、和食店のお土産品強化、物販における販路開拓、海外へのブランド発信、海外企業との業務提携などを推進している。

 14年4月に国内で4年ぶりの新店となる新業態の割烹料理店「銀座kappou ukai(割烹うかい)」をオープン、15年4月には焼菓子製造に特化した「アトリエうかい八王子工房」を新設して品質向上・量産可能な体制を整えた。また16年2月には東京都千代田区大手町に新規出店すると発表した。予定出店面積48.1坪(159.0㎡)で営業開始時期17年春予定としている。

 全日本空輸(ANA)の国際線ビジネスクラスの機内食サービス「THE CONNOISSEURS」にてメニュー監修し、16年12月1日から17年2月28日の期間限定で「とうふ屋うかい」監修の機内食を提供する。

 海外については13年5月、台湾・高雄市FIHリージェントグループホテル内レストランのコンサルティング契約を締結して海外初出店を決定した。オープンに向けて準備を進めている。

 中期経営計画では18年3月期売上高129億51百万円、営業利益6億46百万円を目標値として掲げ、ブランド認知度の向上、圏央道相模原愛川IC~高尾山IC間開通に伴う商圏拡大などに取り組んでいる。訪日外国人旅行客のインバウンド需要や和食ブームも追い風となる。

■第3四半期の構成比が高い収益構造

 四半期別業績推移を見ると、15年3月期は売上高が第1四半期30億66百万円、第2四半期29億30百万円、第3四半期34億99百万円、第4四半期27億39百万円、営業利益が84百万円、1億23百万円の赤字、3億80百万円、85百万円の赤字、16年3月期は売上高が30億36百万円、28億71百万円、34億40百万円、27億24百万円、営業利益が67百万円、77百万円の赤字、2億95百万円、1億20百万円の赤字だった。

 第3四半期の構成比が高い収益構造である。16年3月期は文化事業が箱根大涌谷周辺の火山活動活発化の影響を受け、箱根ガラスの森の来館客数が大幅に減少したため全体として15年3月期比減収減益だった。純利益は特別損失に減損損失を計上したことも影響して赤字だった。

 売上総利益は同2.4%減少し、売上総利益率は53.1%で同0.6ポイント低下した。販管費は同1.1%減少し、販管費比率は51.7%で同0.1ポイント低下した。ROEはマイナス2.8%で同3.4ポイント低下、自己資本比率は43.2%で同1.5ポイント上昇した。配当は15年3月期と同額の年間15円(期末一括)だった。

 セグメント別の動向を見ると、飲食事業は売上高が同0.5%増の111億12百万円(和食が同1.2%減の57億06百万円、洋食が同0.7%増の52億08百万円、物販が同84.1%増の1億97百万円)で、営業利益(連結調整前)が同11.1%減の11億92百万円だった。既存店売上高は100.4%だった。文化事業は売上高が同18.4%減の9億59百万円で、営業利益が76百万円の赤字(前々期は19百万円の黒字)だった。

■17年3月期第2四半期累計は箱根火山活動の影響が一巡して大幅増益

 今期(17年3月期)第2四半期累計(4~9月)の非連結業績は、売上高が前年同期比3.9%増の61億36百万円で、営業利益が1億19百万円(前年同期は10百万円の赤字)、経常利益が93百万円(同38百万円の赤字)、純利益が49百万円(同49百万円の赤字)でいずれも黒字化した。

 箱根大涌谷周辺の火山噴火警戒レベル引き下げで文化事業における来館者数がほぼ例年並みに回復した。また飲食事業におけるメニュー内容・価格見直しによる客単価上昇や販管費の抑制などで各利益が黒字化した。売上総利益は同4.8%増加し、売上総利益率は53.4%で同0.5ポイント上昇した。販管費は同0.7%増加にとどまり、販管費比率は51.5%で同1.6ポイント低下した。

 セグメント別に見ると、飲食事業は売上高が同1.3%増の55億42百万円、営業利益(連結調整前)が同9.8%減の5億65百万円だった。店舗の定休日導入拡大に伴う営業日数減少や台風・長雨等天候不順の影響で来店客数が減少したが、メニュー内容・価格見直しで客単価は上昇した。

 文化事業は売上高が同36.8%増の5億93百万円、営業利益が49百万円の黒字(前年同期は73百万円の赤字)だった。箱根大涌谷周辺の火山噴火警戒レベル引き下げで来館者数がほぼ例年並みに回復した。

 四半期別の業績推移を見ると、売上高は第1四半期31億26百万円、第2四半期30億10百万円、営業利益は1億21百万円、2百万円の赤字だった。

■17年3月期通期も飲食事業の既存店好調などで大幅増益・増配予想

 今期(17年3月期)通期の非連結業績予想(5月19日公表)は、売上高が前期(16年3月期)比3.8%増の125億38百万円、営業利益が同2.7倍の4億46百万円、経常利益が同3.2倍の4億09百万円、純利益が2億34百万円の黒字(前期は1億29百万円の赤字)としている。配当予想は前期比3円増配の年間18円(期末一括)で予想配当性向は39.7%となる。

 飲食事業で既存店が堅調に推移し、文化事業では箱根大涌谷周辺の火山活動活発化の影響が一巡する。純利益は減損損失一巡も寄与する。東京・大手町への新規出店準備費用の発生が予想されるが、経費増加などを吸収して増収増益基調だろう。

 飲食事業の月次売上(アトリエうかいの店頭販売含む)を見ると、全店売上(既存店も同じ)は、16年4月102.4%、5月98.4%、6月103.6%、7月106.0%、8月96.1%、9月101.1%、10月102.8%、11月100.3%、12月102.7%となった。12月は4ヶ月連続のプラスである。また客単価は15年5月から20ヶ月連続で上昇した。

■株主優待制度は毎年9月末に実施

 株主優待制度については14年5月に実施時期変更を発表し、毎年3月期末から毎年9月中間期末に変更して14年9月末から実施した。

 また15年11月に優待内容の一部変更を発表した。変更前の「株主様お食事優待券」を変更後の「株主様ご優待券」として、利用可能店舗に「アトリエうかい」を追加し、優待内容を「利用可能店舗におけるご飲食代のご優待」から「利用可能店舗におけるご利用代のご優待券」に変更した。15年9月末現在の株主から実施した。

 この結果、変更後の優待内容は、(1)100株以上所有株主に対して箱根ガラスの森株主様限定お食事付ご入場招待券5枚(1万5000円相当)、(2)所有株式数に応じた「株主様ご優待券」または「うかい特選牛」となっている。

■株価は調整一巡して戻り試す

 株価の動きを見ると、16年9月末の株主優待権利落ちで一旦反落したが、16年10月~11月の直近安値圏2600円~2700円近辺から切り返して戻り歩調だ。

 1月12日の終値2796円を指標面で見ると、今期予想PER(会社予想のEPS45円34銭で算出)は62倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間18円で算出)は0.6%近辺、前期実績PBR(前期実績のBPS887円53銭で算出)は3.2倍近辺である。時価総額は約146億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線を突破し、続いて26週移動平均線突破の動きを強めている。調整一巡して戻りを試す展開が期待される。(日本インタビュ新聞アナリスト水田雅展)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る