【株式市場特集】スタンダード市場への選択申請銘柄の決算プレー、割安・高配当・材料株を狙え

 今週の特集は、今後の選択申請をマークしつつ、すでにスタンダード市場への選択申請をした銘柄のうち、株価的に割安な銘柄や株価が高値反応した銘柄に絞って敗者復活ゲームを期待して、決算プレー(決算を材料とした短期の株式取引)の第2コース銘柄としてアプローチすることとした。

■低PER・PBR、高配当利回りで足元の株価が年初来高値更新ケースも

 スタンダード市場への選択申請を発表した銘柄のうち、まず注目は、足元の7月21日の株価が発表日当時の終値を上回り、なおかつ投資採算的に割安な銘柄である。コード番号順に上げると松井建設<1810>(東証プライム)、イチケン<1847>(東証プライム)、Hamee、アグレ都市デザイン<3467>(東証プライム)、アツギ<3529>(東証プライム)となる。このうちイチケンは、コア事業の商業施設建設を中心に今期業績の2ケタ増益転換を予想し年間配当100円も継続しPER7倍、PBR0.5倍、年間配当利回り4.99%の割安修正で、前週末21日に年初来高値を更新した。

 次に有望な銘柄は、足元の株価は、発表日水準よりやや下方に位置するが、市場平均より割安な銘柄となる。コード番号順にエスクリ<2196>(東証プライム)、やまみ<2820>(東証プライム)、ベネフィットジャパン<3934>(東証プライム)、メディカルシステムネットワーク<4350>(東証プライム)、日華化学<4463>(東証プライム)、岩崎通信機<6704>(東証プライム)、ファイズホールディングス<9325>(東証プライム)、東洋埠頭<9351>(東証プライム)と続く。このうち年間配当利回りは、日華化学と岩崎通信機が3%を超え、東洋埠頭は、4.01%に回る。

■上昇トレンド維持銘柄やコミック関連、宇宙関連の材料株人気株も

 割安感は乏しいものの足元の株価が、発表日の株価を上回り上昇トレンド上にある銘柄も要注目となる。典型例は東名で、今年6月に食品衛生管理クラウドサービスの資産譲受で年初来高値3815円まで急騰し、その後の往って来いの調整株価から足元は再び3000円の大台に乗せてきた。メルコホールディングス<6676>(東証プライム)、安永<7271>(東証プライム)、JMS<7702>(東証プライム)などとともに先行きを期待したい。

 材料含みのスタンダード市場への選択申請銘柄も人気化の可能性があり、経済産業省の「DX認定事業者」認定のテクノスジャパン、北米向けコミック配信サービスのビーグリー<3981>(東証プライム)、月面探査の宇宙関連のパンチ工業<6165>(東証プライム)なども外せない。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  2. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…
  3. ■高額品・ブランド品株、不動産株、証券株が狙い目!  今週の当コラムは、円安・ドル高メリット株に注…
  4. ■まさか「円安不況」?!「安いニッポン」買い関連株は順張り・逆張りともダブル選択肢  「短期は需給…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る