【特集】「冬支度」銘柄に注目!厳冬が厳冬になるほど買いチャンス

日インタビュ新聞ロゴ

特集 今週の当特集は、年内残り2カ月、仮に「冬の嵐」があっても首をすくめてやり過ごせる耐性のある銘柄に注目することとした。折から霜月11月、立冬間近で寒さが本格化してくる。「冬支度」銘柄登場の舞台も整う。すでにこの「冬支度」銘柄では、鍋関連のユタカフーズ<2806>(JQS)、ダイショー<2816>(東2)、エバラ食品工業<2819>(東1)、ショクブン<9969>(東2)などが業績を上方修正したが、さらに業績上ぶれの「ワンスモア」催促も強まりそうだ。同じく「冬支度」銘柄のアスレジャー関連株とともに、厳冬が厳冬になるほど買いチャンスとなるはずでマークしたい。

■鍋関連株に上方修正が続くがなお巣ごもり消費のサポート

 鍋関連のユタカフーズ、ダイショー、エバラ食品の3銘柄は揃って今年10月28日に業績の上方修正を発表し、株価は上値を伸ばしたものの前週末にはほぼ往って来いとなる限定的な反応にとどまった。しかし、新型コロナウイルス感染症の感染者が、国内でも再び拡大に転じており巣ごもり消費の一段の高まりは想定の範囲内となるもので、しかも寒気の強まりとともにユタカフーズの鍋つゆ、ダイショーの鍋スープ、エバラ食品のポーション調味料などに関連需要が拡大し、業績と株価にインパクトを与える可能性もある。前週末30日大引け後に業績を上方修正したショクブンともども要ウオッチである。

 同様に関連株としてきのこ類の雪国まいたけ<1375>(東1)、ホクト<1379>(東1)、「カニかまぼこ」の一正蒲鉾<2904>(東1)、包装餅のサトウ食品<2923>(東2)、野菜・食材宅配のオイシックス・ラ・大地<3182>(東1)、ショクブン<9969>(東2)、産直野菜の委託販売の農業総合研究所<3541>(東1)、カセットコンロのガスボンベの岩谷産業<8088>(東1)、キッチン用品の中山福<7442>(東1>なども外せない。このうち雪国まいたけは、今年9月に再上場され株価は、公開価格(2200円)も初値(2100円)も下回っており、再上場後の初決算となる11月5日発表予定の今3月期第2四半期業績の動向が注目を浴びよう。

■アスレジャー関連株は新業態店や新PBブランドが人気増幅

 冬支度関連のアスレジャーでは、本命は自家発熱素材「ヒートテック」のファーストリテイリング<9983>(東)だろう。これに続くのが新業態店「ワークマンプラス」で大きくイメージ・チェンジし高人気化し、いままた新業態店「ワークマン女子」をオープンしたワークマン<7564>(JQS)となる。

 さらにプライベートブランドのアスレジャーを展開のしまむら<8227>(東1)、定番のアスレジャー・ブランドを誇るスノーピーク<7816>(東1)、ゴールドウイン<8111>(東1)なども切磋琢磨、アスレジャー市場も盛り上がりをサポートしよう。

【関連記事情報】
【どう見るこの相場】フィニッシュはコロナ禍の「ピンチをチャンス」の耐性クラスター株で冬支度

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る