京成電鉄の値動き活発、保有するオリエンタルランド株の方が価値大きいとの英ファンド提案に注目集まる

材料でみる株価

■持株比率を下げ、売却益を株主還元などに回すべきとし期待強まる

 京成電鉄<9009>(東証プライム)は10月18日、再び出直りを強める相場となり、取引開始後は7%高に迫る5438円(334円高)まで上げ、約1か月ぶりに5400円台を回復している。「英ファンド、京成電鉄にオリエンタルランド株の売却提案」(日経電子版10月18日朝)と伝えられており、思惑含みとなった。

 京成電鉄はオリエンタルランドの株式を19.9%保有する筆頭株主。報道によると、英投資ファンドのパリサー・キャピタルは、京成電鉄が保有するオリエンタルランド株の時価総額が京成電鉄のそれを上回るため、「持ち株を15%以下に引き下げ、売却益を他の投資や株主還元に回すことで、京成電鉄の企業価値が高まると説明した」(同)という。株式市場関係者からは、ファンドの意見を取り入れるかどうかは別としても、京成電鉄株の価値を高める方向で何らかの方策がとられる可能性はあるとして注目する声が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■バンダイナムコの情報発信基地  バンダイナムコホールディングス<7832>(東証プライム)は3月…
  2. ■セブン‐イレブン松戸常盤平駅前店をリニューアル  セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東…
  3. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  2. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…
  3. ■「2.0相場」の幕開けに向けた市場の潮流  「2024年問題」は、Xデーの4月1日を前に新聞、テ…
  4. ■「2024年問題」を超える新たな株価ストーリーの幕開け  「理想で買って現実で売る」といえば、株…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る