ミロク情報サービス、電子インボイス送受信・インボイス電子化対応サービス『MJS e-Invoice』を『Edge Tracker 電子請求書』へサービス名称を変更

■ブランド統合により請求業務の生産性を向上する電子化対応への訴求を強化

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東証プライム)は、2024年1月28日から電子インボイス送受信・インボイス電子化対応サービス『MJS e-Invoice(エムジェイエス イー インボイス)』のサービス名ならびにサービスロゴを『Edge Tracker(エッジ トラッカー)電子請求書』へ変更すると発表。

■サービス名変更の背景

 『MJS e-Invoice』は、インボイス制度の開始を背景に適格請求書(インボイス)の電子化や、「JP PINT※1」に準拠しデジタルインボイスの送受信に対応するクラウドサービスとして2022年の発売以来、好評を得ている。

 インボイス制度の開始により経理業務が煩雑化する中で、同サービスの特長の一つである「請求業務の電子化による生産性向上」をより訴求すべく、サービス名称においても「電子請求書」という文言を使用することで、サービス内容を想像しやすくし、より一層のサービスの認知拡大していくとしている。

 また、新名称の『Edge Tracker』は、業務管理の「リアルタイム・時短・見える化」をコンセプトに2017年から『Edge Tracker』シリーズとして展開しているクラウド型サービス。現在までに、同シリーズより、経費精算、勤怠管理、給与明細参照、年末調整申告、ワークフローの5つのサービスを提供しており、インターネット環境があれば、自宅や出張先など、場所を問わずに安全かつ快適に業務を行うことができ、従業員の利便性向上と多様な働き方の実現を支援する。

 『MJS e-Invoice』の特徴の一つであるクラウド型サービスである点も『Edge Tracker』と合致していることから、『Edge Tracker』ブランドにサービス名を統合した。今後は『Edge Tracker』シリーズとして販売していくことで、顧客の請求業務の電子化によるコスト削減、事務負担の軽減や場所を問わない働き方の推進や、MJSの販売管理、請求管理、財務・会計の各システムとのシームレスな連携による業務効率化の促進を支援していく。

※1 「JP PINT」は、国際標準仕様「Peppol」におけるデジタルインボイスの日本の標準仕様

≪変更内容詳細≫

■変更点
サービス名およびロゴデザイン

■新サービス名

Edge Tracker 電子請求書
(旧名称:MJS e-Invoice)

■変更日

2024年1月28日

■サービス名ならびにロゴ変更による影響

 現在利用しているサービス内容や料金等に変更はない。

(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■4月雇用は予想を下回り、長期金利低下しNY株価は上昇  米国労働省が発表した4月雇用統計だが、景…
  2. ■3社一体で目指すエンターテインメントの新たなステージ  福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡ド…
  3. ■暖冬、寒波、曇天が招いた『収穫量激減』、物流コスト上昇が追い打ち!  農業総合研究所<3541>…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  2. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…
  3. ■大手重工から宇宙ベンチャーまで関連株に注目  宇宙産業は、政府の強力な政策支援を受け、2030年…
  4. ■2030年代に8兆円市場へ、政策支援も追い風に  今週の当コラムは、不真面目とお叱りを受けるのを…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る