【編集長の視点】セイコーHDは11月の訪日外客数の連続過去最高で関連割安株買いが膨らみ急続伸

編集長の視点

 セイコーホールディングス<8050>(東1)は、19円高の750円と急続伸して始まっている。前日16日大引け後に日本政府観光局が、11月の訪日外客数の推計値を発表、10月に続いて月間での年初来の累計でも過去最高を更新しており、同社株にインバウンド関連の割安株買いが増勢となっている。前回11月18日の10月推計値の発表では、もっとも同社株の感応度が高く年初来高値838円をつけた急騰場面の再現期待も高めている。きょう17日の日経平均株価が、前日のFRB(米連邦準備制度理事会)の政策金利引き上げを受けて427円高と大幅続伸し、ほぼ全面高でスタートしていることもサポートしている。

銀座にプレミアムブティックを新規オープンしウオッチ事業が好調に推移

11.jpg
「セイコープレミアムブティック」東京・銀座

 11月の訪日外客数は、前年同月比41.0%増の164万7600人と11月月間として前年11月実績を上回って過去最高となり、1月~11月の累計でも、前年同期比47.5%増の1796万4400人と同じく過去最高を連続更新、すでに前年2014年の年間外客数の1341万3467人を455万人も上回った。学校休暇に入ったマレーシア、フィリピンの訪日旅行者数が大きく増加したほか、紅葉シーズン入りで紅葉観賞などを目的とした訪日需要も増え、円安基調の継続と消費税免税制度の拡充による買い物需要、さらに航空路線拡大、燃油サーチャーザーの値下がり、査証免除などの好条件が加わったことが要因となった。

 セイコーHDは、インバウンド需要を大きくウオッチ事業で享受している。世界初のGPSソーラーウオッチ「アストロン」の新モデルなどのメンズウオッチやレディウオッチが人気商品となっており、今年7月には東京銀座にセイコープレミアムブティックを新規オープンしたことなども寄与している。また小売り事業の和光事業などでも、宝飾品などへ値強い人気が続いている。

 同社は、今年8月にこのインバウンド需要に支えられて今3月期第2四半期(2Q)累計業績を上方修正し業績面でもメリットを謳歌、2Q累計業績は、この上方修正値を上ぶれ増益率を大きく伸ばして着地した。3月通期業績は、期初予想を据え置き売り上げ3200億円(前期比9.0%増)、営業利益160億円(同37.1%増)、経常利益160億円(同29.3%増)、純利益120億円(同44.9%減)と見込んでいるが、上ぶれ着地した2Q累計業績が、通期業績対比で高進捗率を示していることから、前期と同様に期末に向け業績上ぶれ期待も高まってくる。なお通期純利益の減益転換は、前期に計上した固定資産売却益91億円、投資有価証券売却益77億円が一巡するためで、実質では増益となる。

前回11月の訪日外客数発表では年初来高値更新と株価感応度はピカイチ

 株価は、今期2Q累計業績の上方修正で800円台に乗せ、世界同時株安の波及でほぼ往って来いの665円まで調整したが、11月18日の10月の訪日外客数の発表では大手証券の目標株価引き上げも加わって年初来高値838円と再急騰、株価感応度はピカイチで、この急騰幅の半値押し水準で下値固めを続けてきた。PERは12倍台と割安であり、再度の高値挑戦からさらに上値を伸ばそう。(本紙編集長・浅妻昭治)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  2. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…
  3. ■高額品・ブランド品株、不動産株、証券株が狙い目!  今週の当コラムは、円安・ドル高メリット株に注…
  4. ■まさか「円安不況」?!「安いニッポン」買い関連株は順張り・逆張りともダブル選択肢  「短期は需給…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る