アイフリークモバイル、文芸社主催「えほん大賞」大賞受賞作品をデジタル化

■読み聞かせアプリ「森のえほん館」で配信

 アイフリークモバイル<3845>(東証スタンダード)は、グループ会社のアイフリークスマイルズが運営する絵本アプリ「森のえほん館」(500冊以上の作品を収録する絵本アプリ)において、文芸社(東京都新宿区)開催のコンテスト「文芸社文化振興基金えほん大賞」の大賞を受賞した作品から、2作品を26日より配信すると発表した。

 「えほん大賞」は、文芸社が主催する絵本コンテストで、これまで24回開催されてきた歴史あるコンテスト。同社がかねてよりデジタル絵本とのコラボレーションに関心があったことをきっかけに、アイフリークスマイルズと協議を重ねた結果、今回、新たな取り組みとして「えほん大賞」の大賞を受賞した2作品を「森のえほん館」でデジタル化して配信することが決定した。書籍絵本として出版され、すでに人気となっている2作品が、音声とBGMが流れる読み聞かせ絵本として新しく誕生する。

■配信第1弾「こっそりなっとう」
 第1弾は、「第21回えほん大賞絵本部門大賞受賞作品」の『こっそりなっとう おべんとうの巻(さく・え:さのこうや)』を配信。プロの声優により音声が吹き込まれた、なっとう、のり、ウィンナーなどのキャラクターのやり取りが楽しい。

・絵本『こっそりなっとう おべんとうの巻』あらすじ
 いつもお家の冷蔵庫の中にいる「なっとう」は、お弁当になっておでかけできる「おかず」にずっとなりたいと思っていました。ある日、ほかのおかずたちの協力で、こっそりお弁当の中にかくれます。そして、はじめての旅にでかけることになったのです!目立たないけれど、濃い味の、かわいいなっとうの絵本である。

■配信第2弾「おキモチや」(2023年6月配信予定)
 第2弾は、「第19回えほん大賞絵本部門大賞受賞作品」の『おキモチや(さく・え:ときなつき)』を配信予定。いろんなおキモチを買いに行くという不思議な物語。音声とBGMが加わり、より不思議な世界観に仕上がった。

・絵本『おキモチや』あらすじ
 毎日の生活に刺激が足りないと感じる「ぼく」はある日、自宅の裏に、不思議な家ができたことに気づきます。「いらっしゃい。ここは、おキモチやさんだよ。きみのしりたい『おキモチ』つくってみせましょう」―不思議な家の住人の言葉に魅力を感じた「ぼく」は、いろんな「おキモチ」を買ってみることにしました。「きりんのくび」に「でんきのスイッチ」、それから「おさかな」と様々な「おキモチ」を買った「ぼく」が最後に気づいた大事なこととは…。

 2011年1月に第1回の募集を開始した同絵本コンテストも、現在は、2,500件ほどの応募数に達し、全国最大規模の公募コンクールへと成長している。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る