アスクルは新型ロボットで物流DXを加速、高密度収容と庫内作業効率化を実現する「PopPick」を導入

■中期経営計画で掲げるロングテール商品の品揃え拡大に対応

 アスクル<2678>(東証プライム)は15日、物流センター内で注文された商品を注文ごとに集品する「ピッキング作業」において、株式会社ギークプラスの新製品「PopPick」を318台導入し、12月21日から稼働を開始すると発表。

 PopPickは、在庫商品の入った折り畳みコンテナを収納した棚を作業員の定点作業位置まで搬送し、ステーションが自動でコンテナを取り出してピッキング作業を行う新しいGTP(※1)ソリューション設備。同面積あたりの商品保管効率が高く、より多くの商品アイテム数を在庫可能とするため、アスクルが中期経営計画の重要施策としている品揃え拡大に対応する目的で導入した。同ソリューションの導入により、保管効率は約2倍、生産性は約3.8倍(※2)向上する見通し。また、導入は商品の品揃え拡大への対応だけでなく、アスクル物流における自動化・DXを一歩飛躍させるものと位置づけている。

 アスクルは、2025年5月期を最終年度とする中期経営計画において、「強みの高速物流を進化させ、ロングテールも「明日来る」(あすくる)を実現」することを掲げている。特に、「医療機関・介護施設(メディカル領域)」「製造業(MRO領域)」を2大戦略業種と位置づけ、専門商材=ロングテール商品の品揃えを拡大することで、さらなる顧客の新規獲得と買い回り拡大を目指している。そのため、物流センターにおいてはこれまで以上に多くの商品アイテムを収容し効率よく出荷することが求められている。そこで、同面積に対して高密度に数多くの商品を収容できるだけでなく、ピッキング作業効率をさらに高められることから、今回のPopPick導入に至った。

(※1)Goods To Personの略。ピッキングを担当する作業員のいる場所まで直接荷物を搬送するロボットのこと。
(※2)庫内のピッキング工程における、従来の手作業ピッキングとの比較。
(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1.  森永製菓<2201>(東証プライム)は2月5日、ソフトキャンディ「ハイチュウ」のブランドロゴを英語…
  2. ■1998年デビュー以来、初のブランド刷新  グンゼ<3002>(東証プライム)は2月5日、199…
  3. ■運転中の不安を解消する「イルヨ」  日産自動車<7201>(東証プライム)と赤ちゃん本舗は31日…
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ピックアップ記事

  1. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
  2. ■34年ぶりの最高値更新から目が離せない敗者復活戦  3連休前の22日は、もちろん「金曜日の引けピ…
  3. ■株式分割ラッシュで狙うべき6銘柄!業績上方修正や増配も見逃せない  今週の当コラムは、そうした投…
  4. ■日経平均、史上最高値に迫るも半導体株の失速で足踏み  「あれもこれも」か「あれかこれか」なのか何…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る