【話題】トランプ円高がマーケットに吹き荒れる、ジャパン・パッシングの95年には1ドル=79円台

 『トランプ円高』がマーケットに強烈なプレッシャーとなっている。6月21日号のエコノミスト誌(毎日新聞)が特集で報道しているもので、円高の具体的水準には触れられていないが、同誌では、ジャパン・パッシング政策を採ったビル・クリントン元大統領のときを引き合いに出している。クリントン大統領在任中の1995年4月、為替市場で史上初めて1ドル=80円割れして79円75銭まで円高が進んだ、ということだ。

 アメリカ・ファースト(米国第一主義)を唱えるトランプ候補は、「米キャタピラーはコマツと競争するには円安で難しい」、「中国や日本は為替操作の名人」などと、大統領就任後は為替操作国を制裁するとしている。駐留米軍経費は全額を日本側が負担すべきとも発言、日本にとっては安全保障問題と同時に財政悪化問題にもつながってくるだけに非常に大きい問題。大統領選挙まで5カ月となっただけに中長期投資家にとっては今のこの時期はとても株を買える雰囲気ではないようだ。

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■60億円の設備投資と記念商品で90年の歴史を祝う  ニッカウヰスキーの創業90周年を機に、アサヒ…
  2. ■12フィートコンテナ80個積載、迅速な物資輸送を実現  センコーグループホールディングス(センコ…
  3. ■主要アパレルブランドのさらなる成長と周辺事業への拡張を目指す  三井物産は6月3日、アパレルブラ…
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ピックアップ記事

  1. ■割安な6銘柄が33%上昇!今後も高騰期待株続々浮上  東証の集計によれば、2005年以降、今年7…
  2. ■サマーラリー目前!投資家は今こそ2年スパンで考えるべき  「株価は半年先を予測する」といわれる。…
  3. ■全市場・全銘柄ベースでも低PER・高配当株が多数  今週の当コラムは、「全員勝ち組化」を先取りし…
  4. ■究極のバリュー株に注目!PBR1倍割れ、PER市場平均下回り、配当利回り3%超の銘柄が多数存在 …

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る