【アナリスト水田雅展の銘柄分析】巴工業は戻り歩調、15年10月期の営業損益改善を評価して上値試す

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 遠心分離機械や化学工業製品の巴工業<6309>(東1)の株価は、第1四半期業績を好感した3月の戻り高値1890円から一旦反落したが、下値を切り上げて戻り歩調の展開だ。15年10月期の営業損益改善や0.7倍近辺の低PBRを評価して上値を試す展開だろう。

 遠心分離機械を中心とする機械製造販売事業、合成樹脂や化学工業薬品などを中心とする化学工業製品販売事業を2本柱として、中国・深圳ではコンパウンド加工事業も展開している。

 13年11月には、中国の連結子会社・星科工程塑料に対するテクノポリマーおよび日本カラリングの出資持分をすべて譲り受け、両社との資本・業務提携を解消して当社主導で収益立て直しを進めている。

 今期(15年10月期)の連結業績見通し(12月11日公表)は売上高が前期比4.9%増の427億円、営業利益が同43.7%増の18億30百万円、経常利益が同13.5%増の18億50百万円、純利益が同4.3%増の11億50百万円、配当予想が前期と同額の年間45円(第2四半期末22円50銭、期末22円50銭)としている。

 注文キャンセルによる棚卸資産評価損計上などで前期低調だった機械製造販売事業の営業損益が大幅改善する見通しだ。セグメント別の計画を見ると、機械製造販売事業は北南米地域での拡販などで売上高が同8.5%増の110億70百万円、営業利益が同4.1倍の6億50百万円、化学工業製品販売事業は新規市場や新規商材の開拓などで売上高が同3.7%増の316億30百万円、営業利益が同5.8%増の11億80百万円としている。

 第1四半期(11月~1月)は前年同期比5.1%増収、同2.4倍営業増益、同69.2%経常増益、同45.5%最終増益だった。化学工業製品販売事業は中国・深圳のコンパウンド事業の販売数量減少などで同0.8%増収と伸び悩み営業減益だったが、機械製造販売事業は北米向けの好調が牽引して同26.2%増収となり営業黒字化した。営業外での為替差益計上も寄与した。

 通期見通しに対する第1四半期の進捗率は売上高が22.4%、営業利益が15.7%、経常利益が26.0%、純利益が33.3%だった。設備投資関連は第2四半期(2月~4月)と第4四半期(8月~10月)の構成比が高い収益構造を考慮すれば順調な水準だろう。円安進行メリットも寄与して通期増額の可能性がありそうだ。

 13年12月に策定した中期経営計画「Target2016」では、経営目標値として16年10月期売上高475億円、営業利益25億80百万円、経常利益26億円、純利益16億円、ROE6.3%、ROA4.4%を掲げている。重点戦略としては、北米市場、南米市場、東南アジア市場を中心とする海外売上高の拡大に加えて、機械事業ではエネルギー分野への参入、化学品事業では二次電池やパワー半導体向け商材の開拓に取り組む方針だ。

 株主優待制度については、毎年10月31日現在の1単元(100株)以上保有株主に対してワイン(当社関連会社取扱商品)1本を贈呈する。

 株価の動きを見ると、第1四半期業績を好感した3月の戻り高値1890円から一旦反落したが、1月の直近安値1660円をボトムとして下値切り上げの動きが継続している。戻り歩調の展開だ。

 4月15日の終値1805円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS115円25銭で算出)は15~16倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間45円で算出)は2.5%近辺、前期実績PBR(前期実績の連結BPS2399円53銭で算出)は0.8倍近辺である。

 日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって強基調に転換したようだ。15年10月期の営業損益改善や0.7倍近辺の低PBRを評価して上値を試す展開だろう。

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1.  森永製菓<2201>(東証プライム)は2月5日、ソフトキャンディ「ハイチュウ」のブランドロゴを英語…
  2. ■1998年デビュー以来、初のブランド刷新  グンゼ<3002>(東証プライム)は2月5日、199…
  3. ■運転中の不安を解消する「イルヨ」  日産自動車<7201>(東証プライム)と赤ちゃん本舗は31日…
2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ピックアップ記事

  1. ■配当利回りランキングで輝く、注目の増配株  今週の当コラムは、主力値がさ株の上値追いはともかく、…
  2. ■4万円台突入:エヌビディア祭りで日経平均が新境地へ  いよいよ3月、3月期決算会社の期末である。…
  3. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
  4. ■34年ぶりの最高値更新から目が離せない敗者復活戦  3連休前の22日は、もちろん「金曜日の引けピ…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る