大和証券は対話型AIの「ChatGPT」を導入、全社員約9000人を対象に利用を開始

■業務効率化と活用アイデアの創出を目指す

 大和証券グループ本社<8601>(東証プライム)の子会社である、大和証券は4月18日、対話型AIの「ChatGPT」を導入したと発表。2023年4月中には、大和証券の全社員約9000人を対象に利用を開始する予定。

 マイクロソフト社のクラウドサービス「Azure OpenAI Service」を利用し、情報が外部に漏れないセキュアな環境により、全ての業務に利用可能になる。

 ChatGPTは、世界的にも活用方法を模索中の状況であると認識しているが、計り知れない可能性を秘めており、当該技術を迅速に広く活用することで、新たな活用方法のアイデアを探ることが最も有益だと考え、これまで大和証券グループに蓄積してきたデータ・AIやクラウド等のデジタルへの知見を活かし、早期導入に至った。

■英語資料作成やプログラミングのサポート

 最終的に大和証券社員がChatGPTのアウトプットの正確性を確認することを前提に、以下のような効果が期待できると考えている。

・英語等での情報収集のサポートや、資料作成の外部委託にかかる時間の短縮や費用の軽減
・各種書類や企画書等の文章、プログラミングの素案作成に用いることで、顧客と接する時間や企画立案等、本来業務に充てる時間の創出
・幅広い社員が利用することによる、さらなる活用アイデアの創出

 同社は、「金融・資本市場のパイオニア」として、今後も新技術にいち早く挑戦することで、社会に対して新たな価値の提供に取り組んでいくとしている。

★ChatGPT=大規模言語モデルの一種である生成AI「GPT Generative Pre trained Transformer」を、人間との対話向けに機能強化した対話型AI。米国のOpenAI社が2022年11月に公開。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1.  森永製菓<2201>(東証プライム)は2月5日、ソフトキャンディ「ハイチュウ」のブランドロゴを英語…
  2. ■1998年デビュー以来、初のブランド刷新  グンゼ<3002>(東証プライム)は2月5日、199…
  3. ■運転中の不安を解消する「イルヨ」  日産自動車<7201>(東証プライム)と赤ちゃん本舗は31日…
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ピックアップ記事

  1. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
  2. ■34年ぶりの最高値更新から目が離せない敗者復活戦  3連休前の22日は、もちろん「金曜日の引けピ…
  3. ■株式分割ラッシュで狙うべき6銘柄!業績上方修正や増配も見逃せない  今週の当コラムは、そうした投…
  4. ■日経平均、史上最高値に迫るも半導体株の失速で足踏み  「あれもこれも」か「あれかこれか」なのか何…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る