【株式市場】日経平均は198円高、大引けも初の4万円台に乗る、TOPIXは終盤に軟化し小反落

◆日経平均は4万109円23銭(198円41銭高)、TOPIXは2706.28ポイント(3.14ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は増加し18億5955万株

 3月4日(月)後場の東京株式市場は、前場活況高だった半導体関連株が総じて高値もみあいに転じ、電子部品、精密機器なども一進一退の銘柄が多い印象で、鉄鋼や大手商社株は弱もみ合いとなった。中で、王子HD<3861>(東証プライム)はPBR向上への期待などで一段と強含み、三越伊勢丹HD<3099>(東証プライム)は2月の月次売上高など好感され上げ幅を保って推移した。日経平均は255円高で始まり、徐々に上げ幅を縮め手推移したが14時半頃の90円73銭高(4万1円55銭)を本日の下値に持ち直し、大引けも史上初の4万円台に乗った。一方、TOPIXは軟調になり小反落。

 後場は、さくらインターネット<3778>(東証プライム)がAI需要拡大とデータセンター投資拡大などで一段と上げ、ストップ高に達したまま大引けまで買い気配。シルバーエッグ・テクノロジー<3961>(東証グロース)はIBMのサービスを活用したAIの新領域アプリケーション開発プロジェクトが好感されて中盤からストップ高。セカンドサイトアナリティカ<5028>(東証グロース)はAIコンサル拡大への期待などで一段と上げストップ高などAI関連株物色が活発。データセクション<3905>(東証グロース)は筆頭株主の異動と会長職の設置に注目集まりストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は後場伸びなかったが増加し18億5955万株(前引けは10億342万株)、売買代金は5兆3879億円(同3兆430億円)。プライム上場1657銘柄のうち、値上がり銘柄数は425(前引けは506)銘柄、値下がり銘柄数は1195(同1120)銘柄。

 東証33業種別指数は9業種(前引けは16業種)の値上がりにとどまり、値上がり率上位は、パルプ紙、鉱業、電気機器、不動産、機械、化学、などだった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■バンダイナムコの情報発信基地  バンダイナムコホールディングス<7832>(東証プライム)は3月…
  2. ■セブン‐イレブン松戸常盤平駅前店をリニューアル  セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東…
  3. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  2. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…
  3. ■「2.0相場」の幕開けに向けた市場の潮流  「2024年問題」は、Xデーの4月1日を前に新聞、テ…
  4. ■「2024年問題」を超える新たな株価ストーリーの幕開け  「理想で買って現実で売る」といえば、株…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る