Jトラストグループの韓国・JT親愛貯蓄銀行が未婚・片親家庭のための福祉施設に新型コロナを乗り越えるための寄付金を贈呈

■新型コロナの長期化で生活が苦しい未婚・片親家庭を支援

 Jトラスト<8508>(東証スタンダード)は6月14日、同社グループの韓国・JT親愛貯蓄銀行(パク・ユンホ代表)が6月9日、「新型コロナを乗り越えるための幸せ支援」という行事を開催し、未婚母・片親家庭のための寄付金を福祉施設エランウォンに渡したと発表した。

j1.jpg

 福祉施設エランウォンは、妊娠・出産・新生児の育児をしなければならない未婚の母娘と妊産婦に基本的な宿泊や食事、分娩、産後のケアなどを支援し、実質的な自立をサポートする福祉施設である。今回の寄付は新型コロナの長期化で生活が苦しくなっている未婚・片親家庭を助けようと企画された。JT親愛貯蓄銀行は2020年から3年連続でエランウォンに寄付している。

 寄付金は所得が減ったり経済活動が中止されたりして生活が厳しくなっている低所得の未婚母と片親40家庭のための財源に使われる。特に、各家庭にアンケートした内容をもとに生活に必要なものを入れたオーダーメイドのプレゼントボックスを渡し、実生活で役立つように配慮している。

 JT親愛貯蓄銀行の関係者は、「新型コロナの長期化で依然として経済的な困難を抱えている社会的弱者に微力ながらお役に立てるのならと思った。今後も厳しい時期に地域社会と周りに頼もしい存在になり、みんなで分かち合い、共生する経営をリードする庶民のための金融会社を目指す」と話した。

 JT親愛貯蓄銀行は地域社会と恵まれない人たちのために様々な社会貢献活動を繰り広げている。さる4月には大規模な山火事で甚大な被害を被った江原(カンウォン)、慶北(キョンブク)地域の被災者と低所得層に「山火事被害義援金」を寄付。他にも、低所得層女性や青少年など社会的弱者のための「希望のピンクボックス」、恵まれない子供たちと独り暮らしのお年寄りのための「とても暖かいクリスマスハートボックス」を届けるなど、分かち合いの精神を実践し続けている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■バンダイナムコの情報発信基地  バンダイナムコホールディングス<7832>(東証プライム)は3月…
  2. ■セブン‐イレブン松戸常盤平駅前店をリニューアル  セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東…
  3. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  2. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…
  3. ■「2.0相場」の幕開けに向けた市場の潮流  「2024年問題」は、Xデーの4月1日を前に新聞、テ…
  4. ■「2024年問題」を超える新たな株価ストーリーの幕開け  「理想で買って現実で売る」といえば、株…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る