アイリッジ、フラーが開発リソース最適化プラットフォーム「Co-Assign」を採用

■プロジェクト体制はスピーディーに職種を横断しチームを組成

 アイリッジ<3917>(東証グロース)は、プロジェクト管理のDX(デジタルトランスフォーメーション)を目的として、企業のデジタル戦略構築からプロダクト開発・グロースまでワンチームで伴走支援する「デジタルパートナー事業」を手がけるフラー(新潟県新潟市)が開発リソース最適化プラットフォーム「Co-Assign」(コーアサイン)を導入したと発表した。

 フラーでは従来、エンジニア・デザイナー・プロジェクトマネージャーなどプロジェクト遂行に必要な職種の人材を一つのチームとする組織体制を取っていた。しかし、コロナ禍のデジタルマーケティング活況による事業成長を背景に、この2年で組織が急拡大。プロジェクトの増加やチーム内の人員増に加え、人材の教育・成長の観点から職能別組織へと体制の変更を2021年から検討を進めていた。

 しかし、職能別組織では職能を横断してプロジェクトにメンバーをアサインする際の調整に手間がかかるなどの課題があり、プロジェクトの安定遂行という視点からも組織体制の変更に踏み切れずにいた。同社ではこのような背景から、2021年12月からのトライアル利用を経て、この4月にCo-Assignを導入した。

 現在、開発に携わる約40名がCo-Assignを利用。管理対象のプロジェクトは約100件で、各プロジェクトマネージャーがCo-Assign上で要員計画を登録した上で、組織マネージャーが集約・一元化された情報をもとに、週次の定例会議でアサインの調整やメンバーの稼働予定の管理を実施している。

 そして、職種別の各組織でナレッジ共有やメンバーの成長を促進しつつ、プロジェクト体制はスピーディーに職種を横断してチームを組成。ハイブリッド型の組織体制をとっている。

 フラーでは、Co-Assignからエクスポートできる稼働予定データと外部の各種データ(労働時間、業務委託外注費用、プロジェクト売上等)を照らし合わせた予実分析が始まっており、今後はデータ分析による予実管理精度の向上効果も期待されるとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■グローバルモデルに匹敵する日本語対応の高性能生成AIを4月から順次提供  ELYZAとKDDI<…
  2. ■優勝への軌跡と名将の言葉  学研ホールディングス<9470>(東証プライム)は3月14日、阪神タ…
  3. ■新たな映画プロジェクトを発表  任天堂は3月10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■海運株と防衛関連株、原油価格の動向に注目集まる  地政学リスクによる市場の不安定さが増す中、安全…
  2. ■中東緊張と市場動向:投資家の選択は?  「遠い戦争は買い」とするのが、投資セオリーとされてきた。…
  3. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  4. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る