アイフリークモバイル、やる気スイッチグループ運営のバイリンガル幼児園のコンテンツに「なないろえほんの国」を提供開始

■活きた英語を学びながら国際人としての土台を築く

 アイフリークモバイル<3845>(東証スタンダード)は、グループ会社のアイフリークスマイルズが提供する、絵本を読んで語学学習ができる知育アプリ「なないろえほんの国(以下、同アプリ)」が、やる気スイッチグループ(東京都中央区)が運営するバイリンガル幼児園「キッズデュオインターナショナル(KDI: Kids Duo InternationalR)」と「アイキッズスター(iKids StarR)」で利用されるコンテンツとして2023年4月1日(土)より採用されたと発表した。

 同アプリの1番の特性は、英語と日本語の音声や字幕の切替えができる機能を使いながら、200冊以上の日本の昔話や世界の童話などを楽しめる点にある。このような特性が、子どもたち一人ひとりの個性に着目しながら、日本の文化と英語圏の文化の理解を促し、活きた英語を学びながら国際人としての土台を築くというバイリンガル幼児園の教育方針と親和性が高かった点により、両社の間で同件の取り組みの開始に至ったとしている。

 キッズデュオインターナショナル(KDI)・アイキッズスター(iKids Star)は、総合教育サービス会社のやる気スイッチグループが40年にわたる教育ノウハウを活かし展開。心身の発育・発達が著しい幼児期に理想的とされる教育環境を実現し、保育機能と教育機能を一体化させたバイリンガル幼児園である。バイリンガル教育(英語、日本語)を中心に、知能教育、運動指導等のプログラムを取り入れることで、幼児期に理想的な教育・保育環境を提供。子どもたちが未来の目標を達成し、将来の夢を叶えるための力「自分力」を育んでいる。

 2023年4月にKDIでは東京湾岸エリア初となる東雲(東京・江東区)、iKids Starでは宇都宮(栃木・宇都宮市)が開園した。また、2024年にはKDIの名鉄星ヶ丘(愛知・名古屋市)・西宮北口(兵庫・西宮市)・福岡アイランドシティ(福岡・福岡市)が開園予定。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  2. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…
  3. ■高額品・ブランド品株、不動産株、証券株が狙い目!  今週の当コラムは、円安・ドル高メリット株に注…
  4. ■まさか「円安不況」?!「安いニッポン」買い関連株は順張り・逆張りともダブル選択肢  「短期は需給…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る