綿半HDグループの綿半トレーディングがメキシコ産ウチワサボテンパウダーの販売を開始

■農林水産省もサボテンに対する期待値は高く、サボテン普及を促進

 綿半ホールディングス(綿半HD)<3199>(東証プライム)は19日、グループ会社の綿半トレーディングが、プリックリーペアパウダーHID-6036の販売を開始したと発表した。

 プリックリーペアとも呼ばれるウチワサボテン果実は、レッドビートと同じ天然の赤紫色素『ベタレイン』を含んでおり、着色料なしで綺麗な赤色やピンク色の色味を出すことができる。さらに、ベタレインは鮮やかな色味を出すだけでなく、高い抗酸化作用があると言われている。ウチワサボテン果実は、ベタレイン以外の栄養価も高く、ビタミンC、ビタミンB、ビタミンEなどのビタミンだけでなく、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リン、その他ミネラルも豊富に含まれている。特にカリウムは塩分排出、利尿作用、むくみ改善に効果が期待されている。綿半トレーディングでは、国内で唯一ウチワサボテン果実のピューレとパウダーを取り扱っており、この度、新たに「プリックリーペアパウダーHID-6036」の販売を開始した。

<プリックリーペアパウダーの特徴>
 プリックリーペアパウダーHID-6036は、従来のスプレードライ製法とは異なり、真空ドラムドライ製法で粉末化しており、スプレードライ製法に比べ素材の色や風味がより強く出るのが特徴である。

<サボテンの有用性>
 サボテンといえば棘の長い緑の植物を想像するが、メキシコで食用として知られるウチワサボテン果実は、茎とともに食品として古くから親しまれている。甘酸っぱいベリー系の味は、レッドビートのような癖はなく、製菓だけでなく、幅広い食品・健康食品に使用できる。さらにサボテンは農林水産省から食糧危機を救う食べ物として有効性を認められ、綿半トレーディングは、農林水産省が推進するオープンイノベーションの取り組みである「『知』の集積と活用の場R産学官連携協議会」に参画し、世界が注目しているサボテンの普及活動に取り組んでいる。

 また、綿半トレーディングは、中部大学(愛知県春日井市)とコンソーシアムを結成し、食用サボテンの農業シーズとしての価値を科学的に評価し、社会実装に向けた基盤構築と社会的認知の向上を目指している。農林水産省もサボテンに対する期待値は高く、サボテン普及を促進するため、ポスターを制作するなどPR活動を始めた。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  2. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…
  3. ■高額品・ブランド品株、不動産株、証券株が狙い目!  今週の当コラムは、円安・ドル高メリット株に注…
  4. ■まさか「円安不況」?!「安いニッポン」買い関連株は順張り・逆張りともダブル選択肢  「短期は需給…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る