【話題】昨年大納会に比べ日経平均10%上昇

■総理が期待した通りの「午跳ねる」の展開、選挙に勝利すれば2万円も

話題 2014年相場は残すところ営業日ベースで20日間弱となっている。安倍総理が出席した昨年暮れの大納会(写真)では、2014年相場を「午跳ねる」と見通したが、途中、危ない場面はあったものの12月4日時点では日経平均でみれば1万7912円と昨年大納会の1万6291円に対し1621円、率にして9.95%上昇している。

4月に安値1万3885円をつけているが、途中経過は横に置いて1年前との対比でみれば、(1)消費税の影響で景気全体は芳しくない、(2)上場企業の業績は好調、(3)円安が進行、(4)NYダウの史上最高値更新、(6)こじれていた日中、日韓関係に改善の兆し、(7)予想すらなかった解散選挙~などが違いとして挙げられる。

とくに、昨年暮れに1ドル・105円ていどだった円相場は足元では119円台後半まで円安が進んでいる。円安はLNGなど輸入燃料や原材料費の高騰につながるとして一時は円安批判もあったが原油価格の急落が輸入物価高を帳消しにしている。むしろ、円安はトヨタ自動車など輸出企業の利益を押し上げ株価上伸の有力な背景となっている。

円安は10月末の追加金融緩和の効果と同時にアメリカ経済の強いことによるドル高効果も重なっている。

こうした推移から2015年相場がどう動くか。先ずは、14日投票の選挙で安倍政権が勝利しなくてはいけない。大勝利とまでいかなくとも勝利ということになれば、2013年のアベノミクス第1章、2014年の第2章に続いていよいよ本丸の成長戦略に命を吹き込む第3章の開幕ということになる。

円安効果による大企業の果実を中小企業や地方への還元が本格化し景気全体が上向き、これに地方創生の成長戦略が加われば日本経済の再生は本物となることが期待される。

そうなれば、金融政策による景気テコ入れの役割が終わり、経済は自力走行が可能となり円安も一巡し、むしろ円高に振れる可能性も予想される。

選挙に勝利したあととの2015年相場は金融相場から徐々に業績相場の色合いを強めていくものとみられる。日経平均はリーマンショック前の1万8300円を奪回しその後、調整を経て2万円相場の可能性もあるだろう。

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■60億円の設備投資と記念商品で90年の歴史を祝う  ニッカウヰスキーの創業90周年を機に、アサヒ…
  2. ■12フィートコンテナ80個積載、迅速な物資輸送を実現  センコーグループホールディングス(センコ…
  3. ■主要アパレルブランドのさらなる成長と周辺事業への拡張を目指す  三井物産は6月3日、アパレルブラ…
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ピックアップ記事

  1. ■割安な6銘柄が33%上昇!今後も高騰期待株続々浮上  東証の集計によれば、2005年以降、今年7…
  2. ■サマーラリー目前!投資家は今こそ2年スパンで考えるべき  「株価は半年先を予測する」といわれる。…
  3. ■全市場・全銘柄ベースでも低PER・高配当株が多数  今週の当コラムは、「全員勝ち組化」を先取りし…
  4. ■究極のバリュー株に注目!PBR1倍割れ、PER市場平均下回り、配当利回り3%超の銘柄が多数存在 …

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る