【特集】「アフター・コロナ」を先取りするに違いない正統派銘柄に照準

日本インタビュ新聞

今週の特集では、「アフター・コロナ」を先取りするに違いない正統派銘柄に照準を当てることにした。製造小売りで値がさ主力株のファーストリテイリング<9983>(東1)の「SPA(自社ブランドを販売するアパレル専門店)」関連株の対抗馬に名乗りを上げた「SPF(食品製造小売り)」関連株である。言い出しっぺのディスカウントスーパーの大黒天物産<2791>(東1)を先頭にバラエティに富んだ銘柄が浮上するだけに、「アフター・コロナ」先取りの新ビジネスモデル株として要マークである。

■食品の製造・販売を一貫展開しアパレルのファーストリテと同業態

大黒天物産は、食品(F)の製造から販売までを一貫して手掛ける食品製造小売り(SPF)で、この事業をアパレル(A)で展開するのがSPAのファーストリテイリング、靴(S)がSPSのエービーシー・マート<2670>(東1)、家具(F)がSPFのニトリホールディングス<9843>(東1)などとなる。大黒天物産は、今年1月26日にこのSPF機能を強化するために187億5000万円を投資して2拠点目の関西RMセンター(京都府木津川市)の建設を発表した。株価は、巣ごもり消費関連株人気や連続最高業績を材料に昨年12月に上場来高値6990円まで買い進まれていただけに、今年1月の今5月期業績の上方修正や最高業績の一段の拡大、関西PMセンター建設には材料出尽くし感を強めたが、SPAのファーストリテイリングが主力株人気を高めているだけに、再度の上値評価に再発進が見込まれる。

同様のSPF株をコード番号順に列挙すると不二家<2211>(東1)、コモ<2224>(JQS)、モロゾフ<2217>(東1)、寿スピリッツ<2222>(東1)、北海道コカ・コーラボトリング<2573>(東2)、コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス<2579>(東1)、ダイドーグループホールディングス<2590>(東1)、ロック・フィールド<2910>(東1)、ヤクルト本社<2267>(東1)、神戸物産<3038>(東1)、マルヨシセンター<7515>(東1)などとなる。業績は、コロナ禍のなか好不調が分かれるが、ビジネスモデルの再評価を期待したい。SPF向けのECプラットフォームを手掛けている内田洋行<8057>(東1)にも関連人気が波及する可能性がある。

■PB商品関連株にも重複部分があり出遅れ訂正期待

また小売り株のプライベートブランド(PB)商品株も、一部SPF株に重なる関連性がある。大手量販店のセブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)、良品計画<7453>(東1)、イオン<8267>(東1)のほか中堅・食品スーパーのハローズ<2742>(東1)、PLANT<7646>(東1)、ヤマナカ<8190>(名2)、イズミ<8273>(東1)、ヤオコー<8279>(東1)などとなる。

このほかPB商品の供給サイドとなるオエノンホールディングス<2533>(東1)、ピックルスコーポレーション<2925>(東1)、ティーライフ<3172>(東1)、尾家産業<7481>(東1)、加藤産業<9869>(東1)なども、関連出遅れ株人気が高まりそうだ。

【関連記事情報】
【どう見るこの相場】正統派「アフター・コロナ」株にSPA株の対抗馬に名乗りのSPF関連株が浮上

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  2. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…
  3. ■高額品・ブランド品株、不動産株、証券株が狙い目!  今週の当コラムは、円安・ドル高メリット株に注…
  4. ■まさか「円安不況」?!「安いニッポン」買い関連株は順張り・逆張りともダブル選択肢  「短期は需給…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る