【株式市場】日経平均は70円安、国内金利に警戒感、直近IPO株は活況

◆日経平均は2万7348円72銭(70円89銭安)、TOPIXは1953.81ポイント(3.51ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は5億548万株

 3月24日(金)前場の東京株式市場は、朝発表の全国消費者物価指数の前年同月比3.1%上昇を受けて国内金利への警戒感が再燃し、1ドル130円台への円高もあり、自動車、精密機器、機械などが軟調に推移した。一方、アドバンテスト<6857>(東証プライム)などの半導体関連株は総じて堅調で、TBS・HD<9401>(東証プライム)などのTV局株も低PBRが多いとされて堅調。配当妙味の紙パ、海運もしっかり。IPO株が活況で上場2日目のハルメクHD<7119>(東証グロース)、アイビス<9343>(東証グロース)はストップ高。日経平均は50円安で始まり、午前10時過ぎに162円17銭安(2万7257円44銭)まで下押したが、前引けにかけては持ち直した。

 コスモエネルギーホールディングス<5021>(東証プライム)が急伸して高値に迫り総株主還元性向60%の中期計画など好感。リブセンス<6054>(東証プライム)は米オープンAI社の「ChatGPT」利用で出直るが寄り天状態。ユニバーサルエンターテインメント<6425>(東証スタンダード)は大幅増額修正が好感され急出直り。セルシード<7776>(東証グロース)は需給の引き締まりが言われて一段高。

 東証プライム市場の出来高概算は5億548万株、売買代金は1兆2880億円。プライム上場1836銘柄のうち、値上がり銘柄数は714銘柄、値下がり銘柄数は1024銘柄。

 東証33業種別指数は11業種が値上がりし、石油石炭、パルプ紙、海運、水産農林、化学、食料品、電機機器、小売り、などが高い。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1.  森永製菓<2201>(東証プライム)は2月5日、ソフトキャンディ「ハイチュウ」のブランドロゴを英語…
  2. ■1998年デビュー以来、初のブランド刷新  グンゼ<3002>(東証プライム)は2月5日、199…
  3. ■運転中の不安を解消する「イルヨ」  日産自動車<7201>(東証プライム)と赤ちゃん本舗は31日…
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ピックアップ記事

  1. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
  2. ■34年ぶりの最高値更新から目が離せない敗者復活戦  3連休前の22日は、もちろん「金曜日の引けピ…
  3. ■株式分割ラッシュで狙うべき6銘柄!業績上方修正や増配も見逃せない  今週の当コラムは、そうした投…
  4. ■日経平均、史上最高値に迫るも半導体株の失速で足踏み  「あれもこれも」か「あれかこれか」なのか何…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る