【株式市場】日経平均は823円高、米金利低下に加え中国の経済指標も好感、2か月ぶりに3万3000円台を回復

◆日経平均は3万3519円70銭(823円77銭高)、TOPIXは2373.22ポイント(27.93ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は増加し18億5915万株

 11月15日(水)後場の東京株式市場は、米金利の低下に加え、中国の経済指標の発表を受けて中国景気の持ち直しに期待が強まり、日経平均は上げ幅を800円台に拡げた。ダイキン<6367>(東証プライム)やファナック<6954>(東証プライム)が一段高となり、ソニーG<6758>(東証プライム)やTDK<6762>(東証プライム)も一段ジリ高。出光興産<5019>(東証プライム)も前場の上げ幅を維持。自動車、海運などは伸びきれなかったが堅調。日経平均は一段と強含んで始まり、ジリ高を続けて14時半前に860円59銭高(3万3556円52銭)まで上げ、大引けも上げ幅800円台のまま3日続伸。9月20日以来、2ヵ月ぶりに3万3000円台を回復した。

 後場は、ギフティ<4449>(東証プライム)が一段高となり、前場に続いて業績予想の増額修正など好感。ベネフィット・ワン<2412>(東証プライム)はエムスリー<2413>(東証プライム)によるTOB(株式公開買付)を受けてストップ高買い気配を継続。パソナグループ<2168>(東証プライム)はベネフィット・ワンの大株主とあってストップ高買い気配を継続。第一製パン<2215>(東証スタンダード)も朝から大引けまでストップ高気配を続け四半期決算など好感。マリオン<3494>(東証スタンダード)は業績予想の増額修正など好感されて一段と上げ14時過ぎからストップ高。エフ・コード<9211>(東証グロース)は四半期決算が好感され朝から大引けまでストップ高気配。SERIOホールディングス<6567>(東証グロース)はTOB(株式公開買付)で2日連続ストップ高。ツルハホールディングス<3391>(東証プライム)は投資ファンドなどによる買収を経て非上場化を目指すとの一部報道を受けて前引け間際に急伸したまま上げ幅を保って売買交錯。

 東証プライム市場の出来高概算は増加し18億5915万株(前引けは9億6344万株)、売買代金は4兆6357億円(同2兆4350億円)。プライム上場1659銘柄のうち、値上がり銘柄数は1058(前引けは998)銘柄、値下がり銘柄数は539(同606)銘柄。

 東証33業種別指数は26業種(前引けは23業種)が値上がりし、値上がり率上位は、石油石炭、精密機器、電気機器、ゴム製品、小売り、サービス、化学、不動産、機械、証券商品先物、非鉄金属、金属製品、卸売り、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■グローバルモデルに匹敵する日本語対応の高性能生成AIを4月から順次提供  ELYZAとKDDI<…
  2. ■優勝への軌跡と名将の言葉  学研ホールディングス<9470>(東証プライム)は3月14日、阪神タ…
  3. ■新たな映画プロジェクトを発表  任天堂は3月10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■金先物と原油価格、史上最高値に迫る―地政学リスクが市場に与える影響  今週のコラムは、異例中の異…
  2. ■「虎」と「狼」の挟撃を振り切り地政学リスク関連株で「ピンチはチャンス」に再度トライ  東京市場は…
  3. ■海運株と防衛関連株、原油価格の動向に注目集まる  地政学リスクによる市場の不安定さが増す中、安全…
  4. ■中東緊張と市場動向:投資家の選択は?  「遠い戦争は買い」とするのが、投資セオリーとされてきた。…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る