世界初、三菱電機がハッカー視点で攻撃シナリオを自動生成するツールを開発

■制御システムのサイバー攻撃耐性向上に貢献、2026年に製品適用を目指す

 三菱電機<6503>(東証プライム)は12月5日、ホワイトハッカー視点で、ペネトレーションテストの目的に応じた攻撃シナリオを自動生成し、その有効性に評価値を付けて提案するペネトレーションテスト支援ツール「CATSploit(キャッツプロイト)」を世界で初めて開発したと発表した。同ツールは、ネットワークに繋がるあらゆる製品のサイバー攻撃耐性向上に貢献するという。

 近年、社会インフラや工場機器などの制御システムがネットワークに接続されるようになり、サイバー攻撃のリスクが高まっている。サイバー攻撃を受けると、社会インフラの停止に繋がる恐れがあるため、制御システムのセキュリティー対策は急務である。しかし、ペネトレーションテストは、高度な専門知識が必要であり、ホワイトハッカーが希少な人材であるため、容易に実施できないという課題があった。

 同社は、ホワイトハッカーが攻撃手段を選択する際に「攻撃成功の可能性」、「攻撃の発見されにくさ」、「与える影響の大きさ」を意識することに着目した。この特徴を用いて、攻撃シナリオを選択するために各攻撃手段の有効性を表す評価値が一覧で表示されるツールを開発した。同ツールで生成された攻撃シナリオをペネトレーションテストに活用することで、高度な専門知識を持っていないセキュリティーエンジニアでも容易にテストを実施できるようになるという。

 同開発成果の詳細は、ロンドンで12月6日から7日まで開催される「Black Hat Europe 2023 Arsenal」で発表する予定である。当社は、今回開発したツールのさらなる研究開発および有効性評価を進め、2026年を目標に当社製品のセキュリティー試験への適用を目指すとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■グローバルモデルに匹敵する日本語対応の高性能生成AIを4月から順次提供  ELYZAとKDDI<…
  2. ■優勝への軌跡と名将の言葉  学研ホールディングス<9470>(東証プライム)は3月14日、阪神タ…
  3. ■新たな映画プロジェクトを発表  任天堂は3月10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■海運株と防衛関連株、原油価格の動向に注目集まる  地政学リスクによる市場の不安定さが増す中、安全…
  2. ■中東緊張と市場動向:投資家の選択は?  「遠い戦争は買い」とするのが、投資セオリーとされてきた。…
  3. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  4. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る