【株式市場】日経平均は5円高だが3日連続最高値を更新、後場は、半導体株などに調整一巡の兆しも

◆日経平均は3万9239円52銭(5円81銭高)、TOPIXは2678.46ポイント(4.84ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は18億3983万株

 2月27日(火)後場の東京株式市場は、半導体関連株が前場に続き高安混在のままだったが、レーザーテック<6920>(東証プライム)は一段強含み、調整一巡をうかがわせる様子となり、安川電<6506>(東証プライム)も中盤にかけて一段と上げ中国景気への不安後退を示唆。日本製鉄<5401>(東証プライム)も一段と強含んだ。前場活況高のみずほFG<8411>(東証プライム)や野村HD<8604>(東証プライム)は売買交錯に転じたが第一生命HD<8750>(東証プライム)は一段高の場面が。日経平均は40円安で始まり、中盤に下げ幅約90円まで軟化したが、大引けは小じっかりで約34年ぶり最高値を3日連続更新。TOPIXも最高値を2日連続更新した。

 後場は、日立造船<7004>(東証プライム)が前引けにかけての高値圏で終始上げ幅を保ち全個体電池の初受注を好感、野村マイクロ・サイエンス<6254>(東証プライム)は業績上振れ期待など言われて一段ジリ高。アズジェント<4288>(東証スタンダード)は自動車セキュリティ製品への期待など言われて一段と出直りストップ高。フォーサイド<2330>(東証スタンダード)は「新たな事業の開始及び子会社設立」発表を受けた2月初からの上げ相場が佳境入りとされ前場一段高ストップ高のまま大引けまで買い気配。EduLab<4427>(東証グロース)はAIの文章を自動判別する技術の開発など好感されストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は18億3983万株(前引けは9億8493万株)、売買代金は4兆9907億円(同2兆6944億円)。プライム上場1657銘柄のうち、値上がり銘柄数は946(前引けは1073)銘柄、値下がり銘柄数は688(同534)銘柄。

 東証33業種別指数は15業種(前引けは21業種)が値上がりし、値上がり率上位は、鉄鋼、銀行、機械、証券商品先物、倉庫運輸、電気機器、医薬品、情報通信、非鉄金属、ガラス土石、輸送用機器、鉱業、保険、などだった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■バンダイナムコの情報発信基地  バンダイナムコホールディングス<7832>(東証プライム)は3月…
  2. ■セブン‐イレブン松戸常盤平駅前店をリニューアル  セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東…
  3. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  2. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…
  3. ■「2.0相場」の幕開けに向けた市場の潮流  「2024年問題」は、Xデーの4月1日を前に新聞、テ…
  4. ■「2024年問題」を超える新たな株価ストーリーの幕開け  「理想で買って現実で売る」といえば、株…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る