日本初となる「フォーシーズンズホテル」とマンションが一体となった超高層複合タワー竣工

■ヨットの帆をイメージした外観、約50点のアート作品が彩る空間

 日本初の「フォーシーズンズホテル」とマンションが一体となった超高層複合タワー「ONE DOJIMA PROJECT」が大阪市北区に竣工した。このプロジェクトは、東京建物<8804>(東証プライム)、Hotel Properties Limited、Four Seasons Hotels & Resortsの3社による共同開発であり、高さ約195m、地上49階建ての建物。ヨットの帆をイメージした外観は、水都大阪にふさわしいシンボリックなデザインとなっており、キュレーター兼美術評論家の南條史生氏の監修により、名和晃平氏をはじめとする国際的に活躍するアーティストの約50点のアート作品が住宅共用部等に設置されている。

 「ONE DOJIMA PROJECT」は、地上28~37階にフォーシーズンズホテル大阪を配置し、国際水準のホスピタリティを提供することで、世界中からの顧客を迎え入れる。大阪府内に初進出するフォーシーズンズホテルは、地下1~2階とホテルフロアを含む全施設において、最高級のおもてなしを提供する。一方、マンション部分である「Brillia Tower 堂島」は、最上階の貸切利用可能なパーティールームやフィットネスルーム、ワーキングブースなど、多様なニーズに応える共用施設を整備しており、住民に快適な生活空間を提供する。

 マンション共用部のインテリアデザインは、オランダのStudio Piet Boonが担当し、洗練された空間を創出している。加えて、南條氏のキュレーションによる多彩なアート作品が設置されており、住民や訪問者にとって、視覚的にも楽しめる環境が整備されている。敷地面積4,828.17平方メートル、延床面積82,507.19平方メートルという大規模なプロジェクト「ONE DOJIMA PROJECT」は、2024年5月24日から住宅の引渡しが開始される予定。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る