【株式評論家の視点】PCIホールディングスは今期増収増益を観測、突っ込み買い妙味膨らむ

株式評論家の視点

 PCIホールディングス<3918>(東マ)は、昨年8月4日に東京証券取引所マザーズ市場に上場。本年9月12日に同市場第一部へ市場変更した。IT業界で同じ価値観と方向性を持つPCIソリューションズ株式会社、PCIアイオス株式会社、Inspiration株式会社の3つの事業会社を持つ純粋持株会社として、グループの戦略策定、経営資源の最適配分、事業子会社の経営の監督を通じグループ業績の向上に注力している。

 エンベデッドソリューション事業では、自動車、重機、建機等に必要不可欠な制御ソフトウェアの開発、移動体通信等の通信インフラとなる電気通信分野向け装置の開発及びその他情報家電機器、各種産業機器や半導体製造装置等の制御ソフトウェアの開発を行っている。ビジネスソリューション事業では、金融・製造・流通・その他企業向けの一般情報系ソフトウェア開発及び交通・放送等の社会インフラ系ソフトウェア開発、オープンソースソフトウェアをコアとした顧客の要求に基づくITシステムの構築を行っている。IoT/IoEソリューション事業では、エンベデッドソリューション事業における数多くの開発実績を背景に、IoT/IoE技術のベースとなる通信技術・組込制御技術・アプリケーション技術といった同社グループの強みを活かし、ソリューションの提案あるいは顧客企業と共同開発を行っている。

 前2016年9月期第3四半期業績実績は、売上高が62億6800万円(前年同期比、6.5%増)、営業利益が4億8500万円(同8.6%増)、経常利益4億9600万円(同9.3%増)、純利益が3億3600万円(同25.1%増)に着地。

 前16年9月期通期業績予想は、売上高が84億5000万円(前の期比7.8%増)、営業利益が5億8000万円(同6.0%増)、経常利益5億8000万円(同6.5%増)、純利益3億6000万円(同8.8%増)を見込んでいる。年間配当は期末一括50円を予定している。

 株価は、3月29日につけた年初来高値3400円から6月24日に年初来安値1802円と調整。その後、2400円を軸にモミ合っている。同社グループは、得意とする通信技術・組込み制御技術とアプリケーション開発技術の応用によるIoT関連技術を活用した協業事業を推進しているほか、同社グループが事業主体として参画している「V2Xユニット」を活用した神戸市による「市バスを情報通信基地とする実証実験」の開始や、総務省主催の「非常時のアドホック通信ネットワークの活用に関する研究会」への構成員として参画など、「安心・安全・豊かな社会」の実現と次世代技術の創出に向けた研究開発に注力していることから、今17年9月期も増収増益が観測されている。今月10日に予定される9月期本決算の発表を前に突っ込む場面があれば、買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■定番銘柄からクレジット株まで、幅広い投資チャンス  今週の当コラムは、主力株の方向感が、米国市場…
  2. ■経済波及効果は限定的?100兆円の「タンス預金」の行方  カウントダウンが始まる頃合いだ。Xデー…
  3. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  4. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る