ウォーレン・バフェット氏の日本株投資、総合商社に続く次なるターゲットとは?

■バフェット氏の投資基準に合う日本株とは?

 ウォーレン・バフェット氏が日本株に追加投資するという発表は、株式市場に大きな波紋を広げた。同氏は総合商社5社に対し、最大7.4%の保有比率を明らかにした。今後も9.9%までの買い増しを目指すという。このニュースにより、総合商社株は急騰し、日経平均株価も2万8500円台を回復した。

 バフェット氏の次の狙いは何かということが、マーケットの関心事となっている。同氏の選択基準は一般的なものとは異なる。総合商社5社は、多様な商品やサービスを扱い、自社の投資会社と似たようなビジネスモデルを持つ。また、割安な株価や株主還元策も同氏の好みに合う。

 では、総合商社以外にも、同じような条件を満たす銘柄はないのだろうか。オールドエコノミー系で分かりやすい業態であり、割安株であり、増配や自己株式取得などの株主還元策に積極的であり、世界的なプレゼンスがある銘柄であれば、バフェット氏の目に留まる可能性があると考えられる。

■バフェット氏におすすめしたい日本株3セクター

 そこで、今回は鉄鋼株、オートバイ株、産業ロボット株をピックアップしてみた。これらの銘柄は、以下の理由でバフェット氏におすすめしたい。

【鉄鋼株】高品質と技術力で世界に挑む

 第一に、鉄鋼株である。鉄鋼はインフラ整備や自動車産業などに欠かせない素材であり、需要が安定している。また、中国やインドなどの新興国ではまだまだ成長余地がある。日本の鉄鋼メーカーは高品質な製品や技術力で世界的に競争力がある。しかし、コロナ禍や原材料高などの影響で株価は低迷しており、PERやPBRは低水準にある。一方で配当利回りは高く、自己株式取得も積極的に行っている。

 JFEホールディングス<5411>(東証プライム)、日本製鉄<5401>(東証プライム)、神戸製鋼所<5406>(東証プライム)、合同製鉄<5410>(東証プライム)、中部鋼鈑<5461>(東証プライム)、大和工業<5444>(東証プライム)、東京製鉄<5423>(東証プライム)

【オートバイ株】割安で高付加価値な製品を提供

 第二に、オートバイ株である。オートバイは世界的に人気が高く、特にアジアや南米などの新興国では需要が拡大している。日本のオートバイメーカーはブランド力や技術力で世界的にシェアを獲得しており、高付加価値な製品を提供している。しかしコロナ禍や円高などの影響で株価は低迷しており、PERやPBRは低水準にある。

 ホンダ<7267>(東証プライム)、ヤマハ発動機<7272>(東証プライム)、川崎重工業<7012>(東証プライム)、スズキ<7269>(東証プライム)

【産業ロボット株】自動化や省人化の需要に応える

 第三に、産業ロボット株である。産業ロボットは、自動化や省人化の需要に応える高度な技術を持つ。日本の産業ロボットメーカーは、世界的にシェアを獲得しており、高品質な製品やサービスを提供している。株価はコロナ禍の影響で下落したが、回復基調にある。また、自己株式取得や増配などの株主還元策にも積極的である。

 不二越<6474>(東証プライム)、安川電機<6506>(東証プライム)、ダイヘン<6622>(東証プライム)、FUJI<6134>(東証プライム)

 以上のように、鉄鋼株、オートバイ株、産業ロボット株は、バフェット氏の投資スタイルに合致する銘柄といえる。同氏が日本株に興味を持っていることは明らかである。今後も同氏の動向に注目していきたい。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1.  森永製菓<2201>(東証プライム)は2月5日、ソフトキャンディ「ハイチュウ」のブランドロゴを英語…
  2. ■1998年デビュー以来、初のブランド刷新  グンゼ<3002>(東証プライム)は2月5日、199…
  3. ■運転中の不安を解消する「イルヨ」  日産自動車<7201>(東証プライム)と赤ちゃん本舗は31日…
2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ピックアップ記事

  1. ■配当利回りランキングで輝く、注目の増配株  今週の当コラムは、主力値がさ株の上値追いはともかく、…
  2. ■4万円台突入:エヌビディア祭りで日経平均が新境地へ  いよいよ3月、3月期決算会社の期末である。…
  3. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
  4. ■34年ぶりの最高値更新から目が離せない敗者復活戦  3連休前の22日は、もちろん「金曜日の引けピ…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る