黒字転換期待の割安銘柄をテーマ別にチェック!業績見通しが重要なポイント

■黒字転換の割安銘柄に注目

 インバウンド関連株やリベンジ消費関連株など、業績の上方修正で黒字転換した銘柄が市場で注目されている。これらの銘柄は投資採算的にも割安水準にあり、今後の業績見通しが重要なポイントとなる。以下では、黒字転換への期待が高まる割安銘柄をテーマ別に紹介する。

■インバウンド関連、リベンジ消費関連に固定資産譲渡益関連株も

 インバウンド関連では、ワシントンホテル<4691>(東証スタンダード)や西武ホールディングス<9024>(東証プライム)などの宿泊・旅行業界が有望だ。これらの銘柄は、訪日外国人観光客の回復や国内旅行需要の拡大により、業績の改善が見込まれる。また、大和<8247>(東証スタンダード)は、前期に黒字転換したあと今期も純利益の続伸を予想している。

 リベンジ消費関連では、久世<2708>(東証スタンダード)やスーパーバッグ<3945>(東証スタンダード)などの食品・飲料業界が注目される。これらの銘柄は、外食や宅配需要の増加により、売上高や利益率の向上が期待できる。また、パレモ・ホールディングス<2778>(東証スタンダード)やティムコ<7501>(東証スタンダード)は、前期に黒字転換したあと今期も業績の続伸を見込んでいる。

 固定資産の売却益計上で黒字転換幅を拡大させたセントラル硝子<4044>(東証プライム)や明治機械<6334>(東証スタンダード)も見逃せない。これらの銘柄は、資産効率の改善や配当政策の見直しにより、株主還元性が高まる可能性がある。

■プラント関連株は円安、資材安定調達が寄与し、電炉株では復配・増配も

 プラント関連株では、三井海洋開発<6269>(東証プライム)や千代田化工建設<6366>(東証スタンダード)などの建設・エンジニアリング業界が有力だ。これらの銘柄は、円安や資材高・資材入手難が一巡したことで、受注や収益性が改善する見通しだ。また、大日光・エンジニアリング<6635>(東証スタンダード)や三井E&Sホールディングス<7003>(東証プライム)は、第1四半期業績の開示となり、続伸業績の確認となる。

 電炉株では、合同製鐵<5410>(東証プライム)や北越メタル<5446>(東証スタンダード)などの鉄鋼業界が魅力的だ。これらの銘柄は、黒字転換の業績上方修正とともに大幅な復配や増配を発表し、株主還元性が高い。また、東京鐵鋼<5445>(東証プライム)も今期業績の黒字転換を見込んでいる。

 以上のように、インバウンド関連株やリベンジ消費関連株など、黒字転換への期待が高まる割安銘柄は多岐にわたる。これらの銘柄は、今後の業績見通しや配当政策により、さらなる株価上昇のきっかけをつかむ可能性があるだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■60億円の設備投資と記念商品で90年の歴史を祝う  ニッカウヰスキーの創業90周年を機に、アサヒ…
  2. ■12フィートコンテナ80個積載、迅速な物資輸送を実現  センコーグループホールディングス(センコ…
  3. ■主要アパレルブランドのさらなる成長と周辺事業への拡張を目指す  三井物産は6月3日、アパレルブラ…
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ピックアップ記事

  1. ■割安な6銘柄が33%上昇!今後も高騰期待株続々浮上  東証の集計によれば、2005年以降、今年7…
  2. ■サマーラリー目前!投資家は今こそ2年スパンで考えるべき  「株価は半年先を予測する」といわれる。…
  3. ■全市場・全銘柄ベースでも低PER・高配当株が多数  今週の当コラムは、「全員勝ち組化」を先取りし…
  4. ■究極のバリュー株に注目!PBR1倍割れ、PER市場平均下回り、配当利回り3%超の銘柄が多数存在 …

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る