ホンダが2026年からF1復帰を発表、カーボンニュートラルと電動化の両立を目指す

■アストン・マーティンと共にチャンピオンを狙う

 2026年からホンダ(本田技研工業)<7267>(東証プライム)は、2021年に撤退していたFIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)への参戦を発表した。この参戦に伴い、Aston Martin Aramco Cognizant Formula One Team(アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ・ワン・チーム)との間で、新レギュレーションに基づくパワーユニットの供給契約を結ぶことになった。

 F1は、2030年までにカーボンニュートラルを実現することを目指しており、2026年以降は100%カーボンニュートラル燃料の使用が義務付けられる。さらに、エンジンと電動モーターの出力比率も変更され、エンジン出力と電動モーター出力が同等になる新システムが導入される。

 同社は、これらの新レギュレーションに合致するため、F1参戦を決定した。カーボンニュートラルの方向性と一致するこの決断は、将来の技術開発に大きな意義を持つ。2022年からは、モータースポーツ活動を統括するホンダ・レーシング(HRC)が、F1パワーユニットの開発とレース参戦・運営を担当する。

■小型・軽量・高出力のモーターとバッテリー開発が鍵

 ホンダの三部敏宏代表執行役社長は、F1が同社のカーボンニュートラルの方向性と合致するサステナブルな存在であり、電動化技術の促進に役立つプラットフォームであるとコメントしている。新たなレギュレーションでは、小型・軽量・高出力のモーターや大電力バッテリーのマネジメント技術が成功の鍵となる。これらの技術とノウハウは、量産電動車の競争力向上にもつながると期待されている。

 また、Aston Martin Aramco Cognizant Formula One Teamとのパートナーシップにより、2026年から共にチャンピオンを目指すことになった。FIAが環境保全とレース活動の共存を図るために導入した新レギュレーションへのチャレンジングな決断に敬意を表し、Formula One Groupにも感謝の意を示している。

 同社の参戦は、持続可能な未来への取り組みと電動化技術の進化に対する積極的な姿勢を反映している。2026年以降のF1は、カーボンニュートラル燃料の使用とエンジンと電動モーターの出力バランスの変化により、より持続可能なレースシリーズへと進化することが期待されている。

 F1参戦により、電動化技術の研究開発が進み、競技車両から得られるノウハウは量産車にも活かされる可能性がある。さらに、将来の分野にも展開される可能性があるeVTOLなど、さまざまな領域での応用も期待されている。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る