ダイムラートラック、三菱ふそうトラック・バス、日野自動車、トヨタ自動車が協業および統合を発表

■CASE技術で豊かなモビリティ社会を目指す

 ダイムラートラック社、三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)、日野自動車<7205>(東証プライム)、トヨタ自動車<7203>(東証プライム)の4社は30日、カーボンニュートラルの実現や豊かなモビリティ社会の創造に向けて協業と統合を発表した。CASE技術開発の加速と事業効率の向上を目指す。

 CASEとは、Connected(コネクテッド)、Autonomous/Automated(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)といった自動車産業の新潮流で、次世代技術やサービスを意味する4つの英語の頭文字をつなげた造語である。

■協業と統合の内容

 三菱ふそうと日野は対等な立場で統合し、商用車の開発、調達、生産分野で協業。グローバルな競争力のある日本の商用車メーカーを構築する。

 ダイムラートラックとトヨタは、両社統合の持株会社(上場)の株式を同割合で保有。水素をはじめCASE技術開発で協業、統合会社の競争力強化を支える。

 4社は、「移動を通じて、豊かな社会に貢献したい」という想いを共有し、地球環境に優しいクルマを普及させ、物流の効率化などの社会課題に取り組むとしている。新会社の名称、所在地、体制などは、24年3月期中の最終契約締結、24年中の統合完了を目標として協議中である。

【各社トップコメント】

■ダイムラートラック CEO マーティン・ダウム「本日の発表は、ゼロエミッション車両でも世界を動かし続ける未来を経済的にも実現させ、持続可能な輸送をリードするための重要な一歩」

■MFTBC 代表取締役社長・CEO カール・デッペン「運輸業界のカーボンニュートラル化を加速させ、より強い日本の商用車メーカーを創り上げていく」

■日野代表取締役社長 CEO 小木曽聡「移動を支え、社会に貢献したいとの志をひとつにし、益々激しさを増すグローバルな競争を生き抜くために共に手を携えて先進技術開発を加速させる」

■トヨタ社長 CEO 佐藤恒治「日本の商用車の未来、そしてモビリティ社会の未来を作っていくためのパートナーシップ。CASE技術強化によるカーボンニュートラル実現や、社会課題解決を通じて「商用車の未来を変えていくこと」、「その未来をみんなでつくること」、4社はその想いを共有し一緒に取り組む」
(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■4月雇用は予想を下回り、長期金利低下しNY株価は上昇  米国労働省が発表した4月雇用統計だが、景…
  2. ■3社一体で目指すエンターテインメントの新たなステージ  福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡ド…
  3. ■暖冬、寒波、曇天が招いた『収穫量激減』、物流コスト上昇が追い打ち!  農業総合研究所<3541>…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  2. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…
  3. ■大手重工から宇宙ベンチャーまで関連株に注目  宇宙産業は、政府の強力な政策支援を受け、2030年…
  4. ■2030年代に8兆円市場へ、政策支援も追い風に  今週の当コラムは、不真面目とお叱りを受けるのを…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る