【株式市場】日経平均は251円高で最高値を連日更新、TOPIXは史上初の2900ポイント台に乗る

◆日経平均は4万1831円99銭(251円82銭高)、TOPIXは2909.20ポイント(13.65ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は18億9666万株

 7月10日(水)後場の東京株式市場は、信越化<4063>(東証プライム)が次第に強含んで高値引けなど、前場は重かった半導体関連株に上げる銘柄が目立ち、東京海上HD<8766>(東証プライム)も高値引けなど銀行・保険株も堅調持続。投資ファンドの書簡が伝えられたサッポロHD<2501>(東証プライム)も一段高など材料株物色も旺盛となった。日経平均は13時過ぎから次第高となり、大引けにかけて308円99銭高(4万1889円16銭)まで上げて取引時間中の最高値を4日連続更新し、大引けも終値での最高値を2日連続更新した。

 また、TOPIX(東証株価指数)も終値で初の2900ポイント台に乗り、2日続けて取引時間中と終値での最高値を更新した。

 後場は、キユーピー<2809>(東証プライム)が上場来の高値に進んだまま上げ幅を保ち業績予想の増額と証券会社による目標株価の引き上げなど好感。ユー・エム・シー・エレクトロニクス<6615>(東証プライム)も一段と上げ中期計画推進への期待と数か月続いたもみ合い相場を抜け出した勢いを好感の見方。アズジェント<4288>(東証スタンダード)は後場買い気配のままストップ高を続けて急反発となりKADOKAWA<9468>(東証プライム)への悪質なサイバー攻撃など材料視した連騰相場が再燃の様子。リベルタ<4935>(東証スタンダード)も後場は買い気配のままストップ高を続け株式分割後の買いやすさや猛暑の中で「冷感温度調節生地」話題の見方。ENECHANGE<4169>(東証グロース)は終日買い気配のままストップ高を続け有価証券報告書の提出を受けた監理銘柄解除など好感。

 東証プライム市場の出来高概算は18億9666万株(前引けは8億5065万株)、売買代金は4兆7651億円(同2兆1057億円)。プライム上場1644銘柄のうち、値上がり銘柄数は638(前引けは489)銘柄、値下がり銘柄数は931(同1082)銘柄。

 東証33業種別指数は26業種(前引けは19業種)が値上がりし、値上がり率上位は、保険、サービス、精密機器、食料品、銀行、空運、非鉄金属、海運、金属製品、その他製品、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■60億円の設備投資と記念商品で90年の歴史を祝う  ニッカウヰスキーの創業90周年を機に、アサヒ…
  2. ■12フィートコンテナ80個積載、迅速な物資輸送を実現  センコーグループホールディングス(センコ…
  3. ■主要アパレルブランドのさらなる成長と周辺事業への拡張を目指す  三井物産は6月3日、アパレルブラ…
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ピックアップ記事

  1. ■割安な6銘柄が33%上昇!今後も高騰期待株続々浮上  東証の集計によれば、2005年以降、今年7…
  2. ■サマーラリー目前!投資家は今こそ2年スパンで考えるべき  「株価は半年先を予測する」といわれる。…
  3. ■全市場・全銘柄ベースでも低PER・高配当株が多数  今週の当コラムは、「全員勝ち組化」を先取りし…
  4. ■究極のバリュー株に注目!PBR1倍割れ、PER市場平均下回り、配当利回り3%超の銘柄が多数存在 …

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る