【話題】首相の解散は直前までウソをついても許される?!消費増税の延期を巡り選挙関連株に注目する動き

 消費税の増税延期の観測を巡り、衆参同時選挙の可能性が取り沙汰されている。30日は、安倍首相が午後に公明党の山口代表に2年半の延期を正式に伝えたと報道された。

 これに対し、麻生財務相や自民党の谷垣幹事長、稲田政調会長は前回選挙との整合性から再度、衆議院選を行って国民に信を問うべきとの意見と伝えられている。また、30日夕方には、野党4党首が内閣不信任案を31日に提出することで合意と伝えられた。

 株式市場には、「首相の解散と日銀総裁の金融政策は直前までウソをついても許される」との見方があるようで、衆議院の解散による突然の選挙も株価材料。政界の動向をにらみながら、7月の参議院選挙に衆議院選挙が重なるケースを想定して選挙関連株に注目する動きがある。東京都知事選も100%ないとは言いきれないとの見方もある。

 選挙関連株としてすぐイメージされるのは、投票用紙の分類計数システムで知られるムサシ<7521>(JQS)、選挙や国政調査の時期に需要増加の期待が強まるイムラ封筒<3955>(東2)やグローリー<6457>(東1)、地図のゼンリン<9474>(東1)、昭文社<9475>(東1)。また、選挙公報や世論調査などに関連する博報堂DYホールディングス<2433>(東1)やアサツーDK<9747>(東1)、ネット選挙関連株としてGMOリサーチ<3695>(東1)やパイプドホールディングス<3919>(東1)、エイジア<2352>(東マ)などが挙げられている。

 ほかにも共同PR(2436)、プラップジャパン(2449)、アスクル(2678)、インテージホールディングス(4326)、りらいあコミュニケーションズ(4708)、楽天(4755)、TOW(4767)、デジタルガレージ(4819)、イー・ガーディアン(6050)、セレスポ(9625)などが関連株として注目されている。

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■グローバルモデルに匹敵する日本語対応の高性能生成AIを4月から順次提供  ELYZAとKDDI<…
  2. ■優勝への軌跡と名将の言葉  学研ホールディングス<9470>(東証プライム)は3月14日、阪神タ…
  3. ■新たな映画プロジェクトを発表  任天堂は3月10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■海運株と防衛関連株、原油価格の動向に注目集まる  地政学リスクによる市場の不安定さが増す中、安全…
  2. ■中東緊張と市場動向:投資家の選択は?  「遠い戦争は買い」とするのが、投資セオリーとされてきた。…
  3. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  4. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る