【注目銘柄】シンデン・ハイテックスは今3月期営業利益7割増益で急回復、25日線にマイナス乖離大きく狙い場

注目銘柄

 シンデン・ハイテックス<3131>(JQS)は、25日移動平均線マイナスかい離(-10%)と下げ過ぎた銘柄で、配当利回り妙味が増すことから、注目したい。同社は、昨年3月25日に東京証券取引所JASDAQ市場スタンダードに上場した。

創業以来、エレクトロニクスの分野における世界の優れた製品を幅広く取り扱う独立商社として日本の産業界に貢献している。業界に精通した経営陣とプロフェッショナルな営業員による経験豊富な人材で構成し、密な連携を取りながら、顧客に最良の提案をしている。

  前2016年3月期は、中国向け及び自動車向け電子部品の需要が伸び悩み、輸出が減少する等マイナス面が顕在化するなか、同社は、産業用の液晶販売と電子機器を中心としたビジネスの営業活動に注力し、液晶、半導体、電子機器の各分野で売上は増加したが、利益率が低下したため増収減益。海外拠点の見直しを図り、上海子会社で行っていたビジネスを香港子会社に統合するとともに上海子会社を閉鎖。また、国内では、仙台、熊谷の営業拠点で行っていたビジネスを東京本社に統合し、より効率的な営業体制で、新規ビジネスの発掘と既存のビジネスの深堀に注力し、今17年3月期は売上及び利益の拡大を図っている。

 前2016年3月期業績実績は、売上高が493億8000万円(前の期比6.4%増)、営業利益が3億6600万円(同34.5%減)、経常利益が1億6800万円(同63.6%減)、純利益が7200万円(同73.1%減)に着地。

 今17年3月期業績予想は、売上高が512億8300万円(前期比3.9%増)、営業利益が6億3100万円(同72.3%増)、経常利益が4億1700万円(同2.5倍)、純利益が2億7200万円(同3.8倍)と回復を見込んでいる。年間配当は期末一括55円(同15円増)と増配を予定している。

 株価は、1月4日の年初来高値2076円から6月16日に上場来安値1204円と調整。25日移動平均線マイナスかい離(-10%)と下げ過ぎた感がある。液晶・メモリートップシェアメーカーのLGD社・SK hynix社・MagnaChip社と強固な信頼関係を築いており、折に触れ物色の矛先が向かう可能性は高い。今期予想PER7倍台・PBR0.63倍と割安感があり、配当利回りは4.5%と利回り妙味は増している。ここからの押し目は中長期的な視点で買い妙味が膨らみそうだ。

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■グローバルモデルに匹敵する日本語対応の高性能生成AIを4月から順次提供  ELYZAとKDDI<…
  2. ■優勝への軌跡と名将の言葉  学研ホールディングス<9470>(東証プライム)は3月14日、阪神タ…
  3. ■新たな映画プロジェクトを発表  任天堂は3月10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■海運株と防衛関連株、原油価格の動向に注目集まる  地政学リスクによる市場の不安定さが増す中、安全…
  2. ■中東緊張と市場動向:投資家の選択は?  「遠い戦争は買い」とするのが、投資セオリーとされてきた。…
  3. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  4. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る