「ミズノ淀屋橋店」94年の歴史に幕、創業者の経営思想とスポーツ文化の象徴

■淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業に伴い閉店

 ミズノ<8022>(東1)は淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業に伴い、1927年に本社屋として完成したミズノ淀屋橋店(大阪市中央区)を、2021年6月30日に閉店する。2025年秋以降に完成予定の再開発ビル内に、出店予定。

■1927年に本社屋として完成したミズノ淀屋橋店(大阪市中央区)

 ミズノ淀屋橋店は、後に商業の中心地となる大阪・淀屋橋に、大阪で7番目(スポーツは陸から海から大空へ~水野利八物語~「1973年、ベースボール・マガジン社刊」より)の高層ビルとして1927年に完成した。創業者・水野利八(1884年~1970年)は、濃尾地震(1891年)で被災した水野家の復興の証として100尺のビルを建てるという目標を立て、1906年に水野兄弟商会を創業した。しかしながら、「個人的な責務を果たして安心してはいけない。はるかに大きい社会的な責任(スポーツ産業の発展)が残っている」と自戒の意味を込め、敢えて98尺8寸のビルとした。

■創業者:水野利八とスポーツ文化

 ミズノ淀屋橋店は、水野利八の経営思想の象徴として、100年近くにわたりスポーツ文化の発展とともに歩んできた。

 水野利八は19歳の時、奉公先の京都で野球の試合を観戦し野球の虜となり、1906年に弟利三と「水野兄弟商会」を創業した。スポーツウエアの販売からスタートし、スポーツ用品の製造や野球大会を主催するなど、スポーツの振興を通じて事業を拡大してきた。さらに、「カッターシャツ」「オーバーセーター」「ボストンバッグ」「オランダマフラー」などのネーミングを考案し、スポーツウエアを日常着として提案するなど、スポーツ文化を普及、発展させてきた。1938年には品質向上を目的に本社屋内にセレクト科学研究所(現:グローバル研究開発部)を設立している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る