【株式市場】日経平均は616円安、大幅反落だが後場は2万7000円を割らず底堅い

◆日経平均は2万7079円59銭(616円49銭安)、TOPIXは1930.65ポイント(31.96ポイント安)、出来高概算(東証1部)は13億7981万株

 2月14日(月)後場の東京株式市場は、JR東海<9022>(東1)が一段強含んで始まり、ANAホールディングス<9202>(東1)や日本郵船<9101>(東1)は持ち直して始まり堅調に転換。日経平均は前引けを100円近く上回る635円安で始まり、回復力は鈍いが2万7000円を割らずに推移した。NTT<9432>(東1)も次第に強含み、日経平均は大幅反落だが後場は底堅かった。

 後場は、日本製鉄<5401>(東1)やトヨタ自<7203>(東1)も持ち直し気味に推移し、TOPIX(東証株価指数)への高寄与度銘柄が買い直されているとの見方。音通<7647>(東2)は営業・経常利益の増額修正が好感され一段高。

 アスカネット<2438>(東マ)は引き続きセブン-イレブンでの非接触・空中表示レジ実証試験が材料視され活況続伸。ジーニー<6562>(東マ)は第3四半期決算など材料視され一段高。Lib Work<1431>(東マ)は第2四半期決算など好感され本日の高値圏で推移。ヒーハイスト精工<6433>(JQS)は本日の発表を前に期待強まり一段と強含んだ。

 東証1部の出来高概算は13億7981万株(前引けは7億829万株)、売買代金は3兆1992億円(同1兆6420億円)。1部上場2182銘柄のうち、値上がり銘柄数は507(前引けは348)銘柄、値下がり銘柄数は1606(同1766)銘柄。

 また、東証33業種別指数は8業種(前引けはは3業種)が値上がりし、鉱業、石油石炭、不動産、建設、電力ガス、小売り、銀行、海運、が値上がりした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  2. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…
  3. ■大手重工から宇宙ベンチャーまで関連株に注目  宇宙産業は、政府の強力な政策支援を受け、2030年…
  4. ■2030年代に8兆円市場へ、政策支援も追い風に  今週の当コラムは、不真面目とお叱りを受けるのを…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る