【株式市場特集】シンプルに49銘柄ある「01銘柄」にスポットライト、「重厚長大」のリターンマッチに期待

ビジネス ビル 企業

 今週の当特集は、シンプルに「01銘柄」にスポットライトを当てることにした。「01銘柄」は、コード番号を追っていけば自明なように49銘柄ある。そのなかには、日経平均株価の構成銘柄に組み入れられている本来のメーンの「01銘柄」がある一方、上場市場が東証スタンダード市場や東証グロース市場となるサブ的な「01銘柄」も含まれる。40年ぶりの「重厚長大」リターンマッチを期待して「01銘柄」にチャレンジしたい。

■メーン銘柄では日本製鉄、日本郵船が双発エンジンで追随高リード

 メーンの「01銘柄」の双璧は、何といっても日本製鉄と日本郵船で、この2銘柄が双発エンジンとなれば、メーンの「01銘柄」の期末高をリードすることになるのは間違いない。まず年間配当利回りは、日本郵船が、業績が下方修されようが、コンテナ船市況が変調だろうが14.54%と第1位で、日本製鉄も業績上方修正とともに増配して5.71%と第2位に位置しているためだ。これに続く高配当利回りベストセブンは、AGC<5201>(東証プライム)の4.16%の第3位以下、コマツ<6301>(東証プライム)、東洋紡<3101>(東証プライム)、伊藤忠商事<8001)<東証プライム)、大成建設<1801>(東証プライム)と続いて、第7位の大成建設でも2.87%と東証プライム市場全銘柄平均の2.48%を上回る。このうちAGC、東洋紡、伊藤忠が自己株式取得の株主還元策を進めており、東洋紡は、今期業績の再下方修正とのバーターだが、配当そのものは年間40円を据え置く。なお間の悪いことに、東洋紡は、日経平均株価構成銘柄の定期見直しで4月3日の算出から除外されることが発表され株価は下落必至となるが、逆に配当利回りはその分だけ高まることになる。

 低PER評価でも日本郵船の1.7倍、日本製鉄の4.2倍がやはりランキングの第1位、第2位で、ベストセブンは、第3位の伊藤忠の7.6倍以下、横浜ゴム<5101>(東証プライム)、三菱倉庫<9301>(東証プライム)、日立製作所<6501>(東証プライム)、コマツ、東海カーボン<5301>(東証プライム)と続き、第7位の東海カーボンのPERは10.9倍と同じく東証プライム市場全銘柄平均の14.18倍を下回っている。このうち日本製鉄伊藤忠、三菱倉庫、日立製作所、コマツが業績上方修正・増配組である。また日本郵船、日本製鉄、横浜ゴム、三菱倉庫がPBR1倍を下回っており、一段のROE(株主資本利益率)の向上や株高、あるいは自己株式取得を迫られる方向にある。

■サブ組も高配当利回り、低PERのベストセブンに投資妙味

 サブの「01銘柄」の高配当ベストセブン銘柄は、東洋製缶グループ<5901>(東証プライム)の4.98%以下、GSIクレオス<8101>(東証プライム)、住江織物<3501>(東証プライム)、学情<2301>(東証プライム)、ADEKA<4401>(東証プライム)、ニッケ<3201>(東証プライム)、ツガミ<6101>(東証プライム)と続き、第7位のツガミの2.90%は市場平均を上回っている。このうち学情とツガミを除き残り5銘柄がPBR1倍を割っており、配当利回りとともにバリュー株資格を充足している。

 低PER株ベストセブン銘柄は、極洋<1301>(東証プライム)の7.9倍以下、ツガミ、ニッケ、エムビーエス<1401>(東証グロース)、ADEKA、GSIクレオス、学情と続き、第7位の学情のPERは13.1倍と市場平均を下回って割り負けを示唆している。このうち極洋、ニッケ、ADEKA、GSIクレオスがともにPBR1倍台割れとなっており、何らかの資本政策の発動期待が底流することになる。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  2. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…
  3. ■高額品・ブランド品株、不動産株、証券株が狙い目!  今週の当コラムは、円安・ドル高メリット株に注…
  4. ■まさか「円安不況」?!「安いニッポン」買い関連株は順張り・逆張りともダブル選択肢  「短期は需給…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る