大谷翔平選手がKONAMI野球ゲームアンバサダーに就任、特別インタビュー・撮影の舞台裏映像を公開

■パワプロ30周年×プロスピ20周年

 コナミグループ<9766>(東証プライム)のコナミデジタルエンタテインメントは16日、2024年に「パワフルプロ野球」シリーズが30周年、「プロ野球スピリッツ」シリーズが20周年を迎えることを記念して、同社野球ゲームのアンバサダーに大谷翔平選手が就任すると発表した。

 同社は、二頭身のデフォルメされたキャラクターが特徴の「パワフルプロ野球」シリーズと、選手のグラフィックや臨場感などリアルさを追求した「プロ野球スピリッツ」シリーズを軸に、常に挑戦と進化を繰り返し、世界でも通用する野球ゲームの開発を続けてきた。そして、エンタテインメントの領域で新しい野球の楽しみ方を提供することで、野球界の発展を目指してきた。

 大谷選手が“二刀流”で野球の可能性を広げ、野球振興にも取り組む姿勢に共感し、野球界をさらに盛り上げるため共に歩むことにした。

 大谷選手は今後、配信中のモバイルゲーム『プロ野球スピリッツA』『パワフルプロ野球 栄冠ナイン クロスロード』『実況パワフルプロ野球』などで開催する、パワプロ30周年×プロスピ20周年のアニバーサリーイヤーに合わせたさまざまな企画などで活躍していく。

【2024年に30歳を迎える大谷翔平選手への特別インタビュー】

――今回、「パワプロ30周年×プロスピ20周年」のアンバサダー就任ということで、
大谷選手自身も今年30歳を迎えますが、30年間で一番思い出(印象)に残っている出来事は?

一番というと、その場面によって違いますかね。去年のWBC(2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™)も印象に残っていますし、プロ野球に入った時も印象に残っていますし、もっと言えば、初めて野球をやった日ももちろんすごい印象に残っているので、そこは絞りきれないというか。その時によって変わってくるかなと思います。

――大谷選手が(今よりも)若い頃、たとえば20歳の時にイメージしていた30歳になるご自身を、
今自己採点するとしたら何点をつけますか?

点数はわからないですけど、もうちょっと大人かなとは思っていましたね(笑)。自分が10代の時に思い描いていた25歳とか、30歳って、もっと大人なんだろうなと思っていました。案外僕だけがそうなのかもしれないんですけど、子どものまま来てるなという感じはしますね。もっと落ち着いた男性のイメージでしたけど、まったく真逆の方向に来てるなと思います。

――今年から新天地でプレーすることになると思いますが、改めて抱負をお聞かせください。

まず一番は環境に慣れることだと思います。入団はしましたが、まだ本当の意味でチームメイトになれたわけではないと思うので、結果も含めて、まずはコミュニケーションを取りながら、チームメイトとの信頼関係を築いていけたらなと思っています。

――30歳を迎える今シーズンで目標にしていることは?

もちろんワールドシーリーズで勝つということは、野球人生で目標の一つにしているので、そこが一番の目標ですし、今年は今のところ投げることができないので、打席の中で貢献できるよう頑張りたいと思います。

――来年からは投手としても出場することになると思いますが、30歳もしくは30代のうちにやり遂げたいこと、 個人としての目標をお聞かせください。

まずは、しっかり投手の方で復帰すること、そして、投打でしっかりとワンシーズン、フルに戦い抜くことを継続していくことです。今回10年契約をしているので、そのことを10年間、ストレートに全うできるようにというのが目標ですし、やはりワールドシリーズで勝つことが一番の目標ではあるので、そこで投打両方で貢献できたらなと思っています。

――子どもの頃から現在まで「パワプロ」や「プロスピ」で遊んだことはありますか?
また、現在の大谷選手の野球観に影響は与えていますか?

はい。ある種、自分が選手というか、「サクセス」みたいなものだと思うので、自分に合った練習をして、休むこともそうですけど、練習したものが返ってくるという意味では、ゲームも現実も大ざっぱに言えば同じ。僕自身はそういう感じで、自分自身がパワプロの選手だと思って(野球の練習を)やっていたので、子どもの頃は単純に楽しかったです。ゲームの中の選手を自分で育てることもすごく好きだったので、今は自分の体を使って、(パワプロのサクセスと)同じようなことをやっている感じですかね。自分の育成ゲームみたいな感覚というか。趣味みたいなところもありますし、そういう部分は(影響が)あるかなと思います。

※「サクセス」は、「パワプロ」シリーズで人気のプロ野球選手育成モード。

――「パワプロ」にはガンダーという犬のキャラクターが登場します。
大谷選手も最近犬を飼い始めましたが、飼うことになった経緯をお聞かせください。

元々飼いたいなと思っていて、このオフシーズンあたりにと思っていたんですけど、けがをしてしまったのでどうしようかなと。でも、家にずっといなきゃいけないというか、家から出られなくてギプスもしている状態だったので、最初の1ヶ月は犬の面倒を見るのも大変ですし、ちょうどいい(タイミング)かなと。だから、一緒にリハビリを頑張りました。一緒に寝て(笑)。

■撮影エピソード

◇あのWBC日本代表のユニフォーム姿とリラックスした普段着の衣装を撮影

広告用のスチール撮影では試合用のユニフォームと、リラックスした普段着という2種類の衣装を撮影しました。2023年のWBCで着用した日本代表のユニフォームを身にまとい、さっそうとスタジオ入りした大谷選手は、まずはユニフォームの上からグレーのパーカーを羽織って普段着の撮影へ。「力強い感じで」「やや顎を引いて」というカメラマンのリクエストに応えて、腕を組んだバストアップ、顔の寄りとりりしい表情を見せると、続く腕組みを解いたリラックスしたポーズでは、「ハッピーな感じでいきましょう」という指示が飛び、魅力的なスマイルを立て続けに披露していました。

◇“ヒーロー“をイメージして撮影したキービジュアルカット! 大谷選手の優しさが垣間見える場面も!?

キービジュアル用のカットでは、パーカーを脱いでユニフォーム姿になり、帽子をかぶってカメラの前にスタンバイした大谷選手。このカットには大谷選手直筆の「野球しようぜ!」のコピーが入ることから、カメラマンから「ヒーローのイメージでいきましょう」という指示があり、目線や顔の向き、顎の角度などを微調整しながら、ベストカットを追求しました。また、衣装や髪の毛を整える際、ヘアメイクを担当する女性が長身の大谷選手の髪の毛を整えやすいよう、自らかがんで彼女の目線辺りまで頭を下げる場面も。大谷選手らしいこまやかな気遣いに、周囲で見守るスタッフの皆さんもほっこりしていました。

◇マスコットキャラクター・パワプロくんとの共演カットで思わずキョロキョロ!?

背中を向けた状態で顔を少し正面に振り、そのまま体を徐々に正面へ戻していくカットから、ガッツポーズ、全身ショット、グローブを着けてボールを投げるカット、そしてバットを構えるカットまで、カメラマンが求めるバリエーションにも臨機応変に対応していた大谷選手。そんな中、唯一「あれ?」という表情を見せたのが、マスコットキャラクターの「パワプロくん」と共演するカットです。後日編集で合成するパワプロくんの実物はその場にいないため、思わず「どこを見ればいいですか?」と尋ねる場面が。それでもすぐに勘所を押さえた大谷選手は、「子どもに接している感じでこの辺りを見てください」「野球しようぜと語りかけるイメージで」という指示にすてきな表情を連発し、現場を大いに盛り上げていました。

◇「パワプロ」に登場する犬のキャラクター「ガンダー」のぬいぐるみを持ち帰り!

当日撮影用に用意していた、「パワプロ」に登場する犬のキャラクター「ガンダー」のぬいぐるみを見て、「これはなんですか?」と興味を持っていた大谷選手。ガンダーであることを伝え、納得した様子。撮影後には、そのぬいぐるみを「持ち帰ってもいいですか?」とリクエストがあり、お持ち帰りになりました。

※ぬいぐるみはアミューズメント施設向けのプライズ(景品)として発売予定のもの。

■大谷翔平選手プロフィール

 1994年7月5日生まれ。岩手県出身。花巻東高校を卒業後、2013年に北海道日本ハムファイターズに入団。18年に海を渡り、メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍。投手と打者を両立する「二刀流」の選手として、21年はシーズンで9勝、46本塁打を記録してア・リーグMVPを満票で獲得。22年はMLB史上初となる投打でのダブル規定到達の偉業を達成。23年は、3月に「WORLD BASEBALL CLASSIC™」で日本を14年ぶりの世界一に導き、シーズンでは投手として10勝、打者として44本塁打を記録、日本人初の本塁打王を獲得しました。さらに、2年ぶり2度目の満票でア・リーグのMVPを獲得。

■「パワフルプロ野球」シリーズ、「プロ野球スピリッツ」シリーズ概要

 「パワフルプロ野球」シリーズは、1994年3月11日に1作目の『実況パワフルプロ野球‘94』が発売されて以来、およそ30年にわたり楽しまれてきた、コナミデジタルエンタテインメントを代表する野球ゲーム。家庭用ゲームのシリーズ累計販売本数は2,500万本(2023年9月時点)。2014年12月23日に配信を開始した、モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』は累計ダウンロード数5,000万(2023年9月時点)を超えている。2023年9月20日には、モバイルゲーム『パワフルプロ野球 栄冠ナイン クロスロード』の配信を開始し、登録ユーザー数は1,200万人を突破している(2024年1月時点)。

 「プロ野球スピリッツ」シリーズは、リアルさを追求したプロ野球ゲーム。 2004年3月25日に1作目となる家庭用ゲーム『プロ野球スピリッツ2004』を発売。最新作の『eBASEBALLプロ野球スピリッツ2021 グランドスラム』ではプロ野球選手を360度から撮影し、ゲーム中に再現する3Dスキャン技術や、球場の正確な形状を計測するレーザースキャン技術を採用し、圧倒的表現力でリアルに迫る野球を楽しめる。2015年に配信を開始したモバイルゲーム『プロ野球スピリッツA』は8周年を迎え、累計ダウンロード数は4,600万ダウンロードを突破している(2024年1月時点)。

(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■バンダイナムコの情報発信基地  バンダイナムコホールディングス<7832>(東証プライム)は3月…
  2. ■セブン‐イレブン松戸常盤平駅前店をリニューアル  セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東…
  3. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  2. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…
  3. ■「2.0相場」の幕開けに向けた市場の潮流  「2024年問題」は、Xデーの4月1日を前に新聞、テ…
  4. ■「2024年問題」を超える新たな株価ストーリーの幕開け  「理想で買って現実で売る」といえば、株…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る