マーケットエンタープライズが「解体の窓口」を運営するバリュークリエーションと業務提携を開始

■リユース促進と中古農機の仕入強化へ

 マーケットエンタープライズ<3135>(東証プライム)は6月21日、「解体の窓口」を運営するバリュークリエーション<9238>(東証グロース)と6月21日(金)から業務提携を開始したと発表。この取組によって、リユースをさらに促進させ、循環型社会の形成を目指していく。

■背景・経緯

 バリュークリエーションが運営する日本最大級の解体工事プラットフォーム「解体の窓口」では、所有する空き家や古い物件の処分について相談を希望するユーザーに対し、全国1900社の優良解体業者が解体費用の見積もりを提示している。加えて、解体後には、コンシェルジュが、ユーザーからの解体後の不要品の買取や回収に関する相談に対応しており、自身や家族・親族が居住や所有していた物件に眠る中古農機具に関する相談が多く寄せられていたものの、処分に関する適切なアドバイスをできずにいた。

 一方、マーケットエンタープライズでは、2017年の「農機具高く売れるドットコム」における中古農機具買取開始以降、中古農機具のプラットフォームを運営するUMMや、中古農機具貿易を行なうMEトレーディングなどのグループ会社を設立し、中古農機具の取り扱い量の増加を図ってきた。その上で、更なる事業成長のためには買取チャネルの強化が必要と捉え、マーケットエンタープライズでは、仕入強化に繋がる施策を検討していた。

 こうした中で、「リユース促進による循環型社会の形成を目指したい」という互いのニーズが合致したため、業務提携を締結し、さらなる事業拡大を目指すこととなった。「解体の窓口」とマーケットエンタープライズの連携により、休眠農機具の処分に対するお客様の不安を払拭しながら、リユース促進による循環型社会の形成を目指していく。

■今後について

 「解体の窓口」に中古農機具の売却に関する相談が寄せられた場合、マーケットエンタープライズに情報が共有され、マーケットエンタープライズによる中古農機具の買取が可能となる。

■業務提携により期待できること

・中古農機具の仕入れチャネル拡大
 マーケットエンタープライズの中古農機具仕入れ機会創出につながる。

・「解体の窓口」をご利用されるお客様の利便性向上
 これまでは対応できなかった中古農機具処分に関する課題を、マーケットエンタープライズへの送客によって、解決可能になる。

■バリュークリエーション株式会社

 2008年に創業し、マーケティング専門会社としてwebマーケティング、プロモーションに関する各種サービスを提供している。マーケティングDX事業で蓄積した実績をもとに、不動産DX事業である「解体の窓口」サービスを展開している。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■60億円の設備投資と記念商品で90年の歴史を祝う  ニッカウヰスキーの創業90周年を機に、アサヒ…
  2. ■12フィートコンテナ80個積載、迅速な物資輸送を実現  センコーグループホールディングス(センコ…
  3. ■主要アパレルブランドのさらなる成長と周辺事業への拡張を目指す  三井物産は6月3日、アパレルブラ…
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ピックアップ記事

  1. ■割安な6銘柄が33%上昇!今後も高騰期待株続々浮上  東証の集計によれば、2005年以降、今年7…
  2. ■サマーラリー目前!投資家は今こそ2年スパンで考えるべき  「株価は半年先を予測する」といわれる。…
  3. ■全市場・全銘柄ベースでも低PER・高配当株が多数  今週の当コラムは、「全員勝ち組化」を先取りし…
  4. ■究極のバリュー株に注目!PBR1倍割れ、PER市場平均下回り、配当利回り3%超の銘柄が多数存在 …

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る