【新規上場(IPO)銘柄】ポエックは環境関連のオンリーワン、ナンバーワン企業、需給改善を待つところ

株式市場 IPO 鐘

 ポエック<9264>(JQS)は、11月28日に東京証券取引所JASDAQに上場した。同社は「ひと、みず、くうき」をテーマとした環境関連のオンリーワン、ナンバーワン製品を開発・販売している。災害時に特に威力を発揮する電源不要の消火装置「ナイアス」や画期的な方式で高効率の熱交換を実現した「バーテルス」など、人と明日の環境・安全・防災を考えた革新的な環境・防災機器を開発・製造・販売。ポンプ、送風機、ブロア、コンプレッサ、空調機器から消防機器、水槽、ボイラ、焼却炉、ろ過装置まで豊富な販売実績から顧客に最適な設備を提案。給排水設備機器のメンテナンス・修理、据付、技術サポートなど社会インフラを安全・確実に維持するためのバックヤード事業を創業当初から地道に続け、厚い信頼を受けている。

 今2018年平8月期においては、東北地区を拠点として新たに北海道地区へ営業展開を拡げていくことで、これまで未開拓であった需要の新規獲得を図っていく方針で、北海道地区には、同社の主要顧客の事業所が複数存在することからも比較的早期に実績を上げることを可能とし、同社グループの営業網は北海道から沖縄に至る全国に拡がることで、同社グループにおける営業基盤の拡充と新規顧客の開拓に寄与する見通し。 この営業ネットワークを通じて、子会社各社と相互の情報共有を進め、同社グループ各社の顧客、環境、市場動向等のマーケティング情報を有効活用していくことにより、グループ各社間での営業シナジーを発揮、営業効率を向上し、業績へ貢献を見込んでいる。

 今2018年8月期第2四半期業績予想は、売上高25億7700万円、営業利益4900万円、経常利益3300万円、純利益2200万円を見込む。

 今18年8月期業績予想は、売上高53億9900万円(前期比9.3%増)、営業利益2億0200万円(同56.6%増)、経常利益1億7200万円(同5.9%減)、純利益1億0800万円(同24.4%減)を見込む。年間配当予想は、期末一括32.21円を予定している。

 株価は、上場2日目の11月29日に公開価格750円の約4.4倍の3280円で初値をつけ、同日高値3365円と上昇。12月1日安値2181円と下落している。環境関連のオンリーワン、ナンバーワン製品を取り扱っていることを評価され高人気となったため、その反動で一転売り優勢の展開となっているが、市場が注目する環境と社会、企業統治の3要素を重視する「ESG投資」関連として折に触れ物色の矛先が向かう可能性は高い。短期的にはリバウンド狙いで、需給が改善することを待つところだろう。(株式評論家・信濃川) 

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■定番銘柄からクレジット株まで、幅広い投資チャンス  今週の当コラムは、主力株の方向感が、米国市場…
  2. ■経済波及効果は限定的?100兆円の「タンス預金」の行方  カウントダウンが始まる頃合いだ。Xデー…
  3. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  4. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る