日本エンタープライズは戻り歩調、19年5月期大幅増益予想で収益改善期待

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、事業ポートフォリオを再構築して19年5月期大幅増益予想である。収益改善を期待したい。株価は地合い悪も影響して急落した12月安値から切り返して戻り歩調だ。出直りを期待したい。

■事業ポートフォリオを再構築

 クリエーション事業(交通情報、ライフスタイル、エンターテインメントなどのモバイルコンテンツをキャリアの定額制サービスで配信するコンテンツサービス、ビジネスサポートサービス、太陽光発電など)と、ソリューション事業(システム受託開発・運用サービスなど)を展開している。

 事業ポートフォリオ再構築で、18年2月店頭アフィリエイトサービス事業をテレステーションに譲渡、18年3月中国で携帯電話販売事業を展開する連結子会社の因特瑞思の出資金持分を売却した。

 中期成長に向けて、ネイティブアプリの開発力強化、ゲームコンテンツ市場への本格参入、法人向け業務支援サービスの早期収益化、成長分野のM2M/IoTへの事業領域拡大などを推進する。

 クリエーション事業のコンテンツサービスにおいては、ヘルスケアアプリ「女性のリズム手帳」、フリマアプリ「フリマjp」、交通情報サービス「ATIS交通情報サービス」、総合電子書籍サービス「BOOKSMART」を中心に効率的な運用で収益確保を目指し、他社とのアライアンス強化で新規コンテンツも提供する。

 ビジネスサポートサービスにおいては、交通情報サービスのライセンス提供や法人向けクラウドサービスの開発、EC関連の受託開発、IP電話アプリ「AplosOne」やチャットアプリ「Fivetalk」など独自ブランド・パッケージサービスの強化を推進する。キッティング支援ツール「Certino」提供・キッティング業務BPOサービス、鮮魚EC「いなせり」の拡大も推進する。

 18年2月には、子会社の会津ラボとエナリス<6079>が、福島県の再生可能エネルギー関連技術実証支援事業の一環として、ブロックチェーンと「SMART PLUG」を活用した「高齢者見守りサービス」の実証試験を開始した。

 18年7月には、福島県平成30年度福島県海外連携型再生可能エネルギー関連研究開発支援事業に、会津ラボのEU向けスマートプラグの試作品開発が採択された。また福島県の「自動運転に係る情報基盤の構築およびまちなか巡回車両の実用化に向けた実証実験」第2期実証実験が採択された。

 18年9月には法人向けに中古端末(スマホ、携帯電話、PC、タブレットなど)の買取サービスを開始した。

■19年5月期大幅増益予想

 19年5月期の連結業績予想は、売上高が18年5月期比0.1%増の38億95百万円、営業利益が62.9%増の2億85百万円、経常利益が34.0%増の3億45百万円、純利益が5.3%増の1億75百万円としている。配当予想は18年5月期と同額の年間2円(期末一括)で、予想配当性向は45.9%となる。

 第2四半期累計は、売上高が前年同期比20.3%減の16億11百万円、営業利益が8.3%減の77百万円、経常利益が13.3%減の96百万円、そして純利益が39.1%減の27百万円だった。事業ポートフォリオ再構築(店頭アフィリエイトおよび中国子会社の譲渡)の影響で減収減益だった。

 クリエーション事業は9.0%減収だった。ビジネスサポートサービスが伸長したが、コンテンツサービスが減少した。ソリューション事業は31.5%減収だった。システム開発・運用サービスが伸長したが、店頭アフィリエイト事業譲渡および中国子会社の譲渡が影響した。

 通期も、事業ポートフォリオ再構築に伴う事業譲渡の影響で売上高は横ばい予想だが、クリエーション事業のビジネスサポートサービスおよびソリューション事業のシステム開発・運用サービスが伸長し、店頭アフィリエイト事業譲渡および中国子会社の譲渡で売上総利益率が改善して大幅増益予想である。

 クリエーション事業では全ての支援ツールを連携させたキッティングのRPAを開発してキッティングサービスを強化する。ソリューション事業では受託開発を中心としたトータルソリューションサービスの提供に注力する。第2四半期累計の進捗率は売上高41.4%、営業利益27.0%と低水準のため下振れに注意が必要だが、事業ポートフォリオ再構築で収益改善を期待したい。

■株価は戻り歩調

 株価は地合い悪も影響して急落した12月25日の安値148円から切り返して戻り歩調だ。出直りを期待したい。1月28日の終値は180円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS4円36銭で算出)は約41倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間2円で算出)は約1.1%、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS122円89銭で算出)は約1.5倍、時価総額は約73億円である。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■グローバルモデルに匹敵する日本語対応の高性能生成AIを4月から順次提供  ELYZAとKDDI<…
  2. ■優勝への軌跡と名将の言葉  学研ホールディングス<9470>(東証プライム)は3月14日、阪神タ…
  3. ■新たな映画プロジェクトを発表  任天堂は3月10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■海運株と防衛関連株、原油価格の動向に注目集まる  地政学リスクによる市場の不安定さが増す中、安全…
  2. ■中東緊張と市場動向:投資家の選択は?  「遠い戦争は買い」とするのが、投資セオリーとされてきた。…
  3. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  4. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る