旭化成の第1四半期は営業利益27%減だったが「住宅」「ヘルスケア」は増益保つ

■3月通期の予想は営業利益のみ数値化し32%から27%減を想定

 旭化成<3407>(東1)の第1四半期連結決算(2020年4~6月、8月4日正午過ぎ発表)は、売上高が前年同期比9.3%減の4551.59億円となり、営業利益は同27.2%減の301.03億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同44.3%減の135.88億円となった。

■人工呼吸器、ウイルス除去フィルターなどが伸びる

 新型コロナウイルス感染拡大による世界経済減速の影響を受け、「マテリアル」セグメントは前年同期比で減益となったが、『へーベルハウス』などの「住宅」セグメント及び「ヘルスケア」セグメントは増益を達成した。

 その「住宅」セグメントでは、新型コロナの影響により展示場の来場制限などの影響があったが、不動産部門における分譲事業が堅調に推移したことなどで増益になった。また、「ヘルスケア」セグメントでも、病院向け事業活動への制約などがあったが、新型コロナウイルス関連需要の増加により、人工呼吸器、ウイルス除去フィルターなどの販売数量が伸長したことなどにより増益となった。

 通期の業績予想は、「ヘルスケア」セグメントは買収した事業の寄与もあり、前期比で25%程度の増益を予想する。一方、「マテリアル」セグメントは同50%前後の減益を予想。また、「住宅」は、建築請負部門で3密防止策の実施に伴う工事遅延などにより引渡棟数の減少が続くこと、リフォーム部門での受注減の影響が出てくることなどで、通期では30%程度の減益を見込むとした。

 3月通期の連結業績予想は営業利益のみ数値化し、1200億円から1300億円の見込み(前期比32.3%から26.7%減)とした。(HC)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  2. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…
  3. ■高額品・ブランド品株、不動産株、証券株が狙い目!  今週の当コラムは、円安・ドル高メリット株に注…
  4. ■まさか「円安不況」?!「安いニッポン」買い関連株は順張り・逆張りともダブル選択肢  「短期は需給…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る