【決算情報】日本マニュファクチャリングサービスの今期業績は、売上高、営業・経常利益共に過去最高を更新する見込み

■今期はPS(パワーサプライ)事業の売上が1年を通じて寄与

日本マニュファクチャリングサービス<2162>(JQS)の今期連結業績予想は、売上高、営業・経常利益共に過去最高を更新する見込み。

今期好業績が見込まれる一因として、昨年パナソニックから一般電源事業を譲受したPS(パワーサプライ)事業の売上が1年を通じて寄与することが挙げられる。前期は3カ月分の35億73百万円の売上高であったが、今期は171億40百万円を見込む。利益面では営業利益4億80百万円を見込んでいる。

なお、前期より、4セグメントをHS(ヒューマンソリューション)事業、EMS(エレクトロニクス・マニュファクチャリング・サービス)事業、PS事業の3セグメントに変更している。

基本コンセプトとして、日本、中国、アセアン諸国における人材サービス事業とEMS事業の融合によるトータルソリューションサービス「neo EMS」を掲げている。製造アウトソーシング企業NO.1を目指すとともに、サービスの一段の高付加価値化に向けて開発・設計といった製造業の上流プロセス分野の機能を強化している。単なる製造アウトソーサーから、キーテクノロジーを有して技術競争力を備えた企業グループへの変革を推進している。

ところが、14年3月期は、主力のEMS事業が海外取引レート等の影響により、営業利益、経常利益が共に赤字となったが、5月15日に発表された前15年3月期連結業績は、売上高492億45百万円(14年3月期比17.5%増)、営業利益4億93百万円(14年3月期△6億43百万円)、経常利益7億33百万円(同△1億75百万円)、純利益5億71百万円(14年3月期比11.8%減)と海外取引レートの見直しや事業構造改革が進み、大幅増収増益でV字回復を達成した。
最終利益の減益に関しては、14年3月期の負ののれん発生益の影響によるもので、事業構造改革が進み、完全に事業再建に成功したといえる。

セグメント別の売上高、営業利益は、HS事業については、人材の採用に苦戦したものの、売上高133億12百万円(同10.3%増)と2ケタ増収となった。しかし、利益面については、海外事業等将来への事業投資コスト発生により営業利益△17百万円となった。
EMS事業は、試作、工作機械関連の受注などにより、売上高323億59百万円(同8.4%増)となり、利益面でも海外取引レートの見直しや事業構造改革の効果が出たことに加え、利益率の高い試作、工作機械関連の受注増により営業利益2億62百万円と黒字化を達成した。
PS事業は、3ヵ月間であったが、売上高35億73百万円、営業利益2億37百万円と売上高、利益面で大きく貢献した。

今期16年3月期連結業績予想は、売上高673億80百万円(前期比36.8%増)、営業利益11億円(同122.8%増)、経常利益9億30百万円(同26.8%増)、純利益5億25百万円(同8.2%減)と売上高、営業・経常利益共に過去最高を更新する見込み。
最終利益については、前期に負ののれん発生益3億95百万円が特別利益として計上された影響によるもの。

セグメント別の業績予想は、HS事業は、人材定着率の向上と利益率の改善により、売上高155億30百万円(前期比16.7%増)営業利益2億35百万円(前期△17百万円)と増収大幅増益で黒字化を見込む。
EMS事業は、PS事業との連携、兼松との協業等により売上拡大と利益率改善により、売上高350億70百万円(同8.4%増)、営業利益3億85百万円(同46.6%増)と増収大幅増益の予想。
PS事業は、1年間フルに活動することで、売上高171億40百万円(同379.6%増)、営業利益4億80百万円(同101.9%増)と大幅増収増益を見込む。

前期のトピックスを振り返ると、5月、中国製造請負研究プロジェクト参画、8月、日本通運と業務提携、9月、タイで派遣事業開始、10月、パナソニックから一般電源事業の譲受、同じく10月、ベトナムで派遣事業の開始、12月、カンボジア人材会社2社とタイでの派遣事業で業務提携、15年3月、兼松と資本業務提携と次々と大きな話題を発表している。グローバル規模で、事業拡大のための布石を次々と打っている。これらの事業活動が奏功し、事業の拡大が進むものと予想される。

同社では、2020年の売上高目標として、1000億円を掲げている。

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■4月雇用は予想を下回り、長期金利低下しNY株価は上昇  米国労働省が発表した4月雇用統計だが、景…
  2. ■3社一体で目指すエンターテインメントの新たなステージ  福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡ド…
  3. ■暖冬、寒波、曇天が招いた『収穫量激減』、物流コスト上昇が追い打ち!  農業総合研究所<3541>…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  2. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…
  3. ■大手重工から宇宙ベンチャーまで関連株に注目  宇宙産業は、政府の強力な政策支援を受け、2030年…
  4. ■2030年代に8兆円市場へ、政策支援も追い風に  今週の当コラムは、不真面目とお叱りを受けるのを…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る